Windows11の教科書

ウィンドウズ11やスマホで困ったことを調べたブログ

【マイクロソフト365】 「アカウント」「オフィスポータル」「365管理センター」の違いは?

マイクロソフト365ビジネスアカウント利用の流れを紹介します。

マイクロソフト365ビジネスアカウント

マイクロソフト365はビジネスに適したサブスクサービスです。

個人用とビジネス用があり、ビジネスの場合には会社・組織アカウントで管理され、SharePointなどが利用できるようになります。

 

購入

ビジネスプランは

・ベーシック:月額1ユーザ650円

・アプリフォービジネス:月額1ユーザ900円

・ビジネススタンダード:1360円

・プレミアム:2390円

などがあります。

 

Microsoft 365 のすべてのプランを比較 | Microsoft

 

アカウント

利用開始後は、以下サイトよりアカウントを管理できます。

 

マイクロソフトアカウントのページからオフィスポータルのページへリンクしていたり、その逆の場合もあって結構わかりにくいです。

 

マイクロソフトアカウント

自分のアカウント情報です。

https://myaccount.microsoft.com/

 

メニュー項目によってはオフィスポータルへリンクする場合があります。

 

セキュリティ情報

通常はAuthenticatorや電話のSMS認証を行います。

 

パスワード

パスワードを変更します。

 

組織

ビジネスアカウントの場合、通常は会社や組織の情報が確認できます。

 

設定およびプライバシー

設定では言語・地域設定・タイムゾーンを変更できます。

 

 

プライバシーでは検索履歴などをチェックできます。

 

自分のサインイン

IPからどこの地域からアクセスしたかがわかります。

PCからのアクセスではスマホほど精度はよくないので違った地名がでやすいです。

とはいえ、いきなり海外からアクセスとかだと怪しいです。

 

オフィスポータル

オフィスの利用状況をチェックします。

https://portal.office.com/account#personalinfo

 

メニューではマイクロソフトアカウントページへリンクしている場合があります。

 

個人情報

個人の登録情報を確認、修正します。

 

サブスクリプション

利用可能なサブスクサービスをチェックできます。

 

 

365管理センター

管理者が使うためのページです。

https://admin.microsoft.com/

 

ユーザー

ユーザー、ゲストユーザーを管理します。

 

チームとグループ

チームやグループを管理します。

 

マーケットプレイス

OneDrive for business、Visio Plan 2などを追加購入できます。

 

課金情報

サブスクしているプランなどを確認できます。

 

設定

新規ドメインを追加したり、

 

セットアップ

こちらからもいろんな設定項目があります。

 

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

利用規約・プライバシーポリシー |〇問い合わせ