クリエイターの教科書

ChatGPT, Stable Diffusion, Visual Studio, Excelなど教科書

【3Dプリンタ】XYZのソフトウェアまとめ

「XYZメイカー 3Dキット」はXYZプリンティングの提供するユーティリティ「XYZメイカースイート」に収められている3D作成ソフトです。

簡単な図形ならこれだけでサクッと作れます。

XYZプリンティング終了のお知らせ

XYZプリンティングが3Dプリンター事業から撤退という残念なニュースが。

XYZプリンティングが3Dプリンター事業から撤退 | fabcross

 

消耗品、材料は総代理店であるイグアスを通じてまだ供給はされるとのこと。

 

 

XYZプリントとは?

久々3Dプリンタに電源を入れてプリントしようと思ったらソフトが変わってました。

 

現在はXYZメイカースイートとして、レーザープリンタ用ソフト、3D生成ソフトなどとも含まれるソフト群となっています。

3D印刷では、そのうちのXYZプリントを使うというかたちになります。

 

 

非対応機種

おそらくXYZの3Dプリンタ専用ソフトと思われます。

しかし、XYZ製品でも以下のものには対応していないそうです。注意しましょう。

ダヴィンチ 1.0 / ダヴィンチ 1.0 A / ダヴィンチ 1.1 Plus /ダヴィンチ 1.0 AiO / ダヴィンチ 2.0 / ダヴィンチ 2.0 A / ダヴィンチ Jr. 2.0 Mix

参考:https://www.xyzprinting.com/ja-JP/software-series/DESIGN/xyzmaker-suite

 

 

インストール

ホムペより入手します。

無料ですがアカウントが必要となり、新規登録するかフェイスブックログインを利用します。

 

https://www.xyzprinting.com/ja-JP/software-series/PRINT/xyzmaker-suite

f:id:apicode:20200310103225p:plain

 

FullPackageだとレーザープリンタ用ソフトなども含まれます。

まずはファイルサイズの小さいインストーラをセットアップしたほうがよいでしょう。

f:id:apicode:20200310103802p:plain

 

起動後XYZプリントを選んで改めて「インストール」を実行します。

f:id:apicode:20200310103809p:plain

 

XYZプリントの使い方

起動後、まずは3Dプリンタを認識させます。

f:id:apicode:20200310103813p:plain

 

データのロード

STLなどの3Dファイルをロードします。

f:id:apicode:20200310104251p:plain

 

データがない場合は適当にThingiverseから入手。

この程度でも30分はかかりますので注意。

https://www.thingiverse.com/thing:2253091 

f:id:apicode:20200310112535p:plain

 

 

3Dプリンタの準備

ダビンチの場合、シートを設置し場合によってはノリを塗っておきます。

また、フィラメントをチューブへ差して準備しておきます。

 

次にソフトのほうで3Dプリンタでフィラメントをロードします。

f:id:apicode:20200310110224p:plain

 

加熱?されるのを待ちます。

f:id:apicode:20200310110421p:plain

 

フィラメントがチューブを通ってノズルに到達するまで時間がかかるのでしばし待ちます。その後、フィラメントがエクストルーダー、つまりノズルから出てきます。

ノズルから出てきた分をふきとって、「完了」ボタンを押します。

f:id:apicode:20200310110428p:plain

 

 

印刷

印刷タブでは、まず「準備」ボタンを押します。

準備は3Dプリントで積み重ねて印刷する工程を計算し、作業時間やフィラメント利用料を算出します。

f:id:apicode:20200310104324p:plain

 


準備が終わって印刷可能なデータであることが確認されれば「印刷」ボタンが表示されます。よければこのまま「印刷」ボタンを押してスタートします。

f:id:apicode:20200310104447p:plain

 

後は完成するまで待ちます。

 

終わったらフィラメントのアンロードをしておきましょう。

f:id:apicode:20200310160218p:plain

 

 

PLAなのにanti-bact?

急に印刷できなくなりました。

 

エラーは、「準備」後、「PLAが入っているにもかかわらず、ANTI-BACTの素材が指定されています」というようなものです。ファイルの素材指定をPLAに戻せないので、結局印刷できません。

 

いろいろ試したのですがダメで、最終的にはXYZプリントを一度アンインストールしてからインストールしなおしたら大丈夫でした。

 

 

 

 XYZメイカー 3Dキットとは?

「XYZメイカースイート」に含まれている3D作成ソフトです。

以下より無料でダウンロードできます(要アカウント)。

 

https://www.xyzprinting.com/ja-JP/software-series/PRINT/xyzmaker-suite

f:id:apicode:20200310103225p:plain

 

 あとはセットアップから「XYZmaker 3Dkit」をインストールします。

f:id:apicode:20200310141615p:plain

 

 

起動するとこんな感じ。

f:id:apicode:20200310141617p:plain

 

作成

右上のアイコンからパーツを選びます。

f:id:apicode:20200310144716p:plain

 

幾何学パーツには球や直方体があります。

f:id:apicode:20200310144720p:plain

 

選択後、ステージに配置しましょう。

f:id:apicode:20200310144725p:plain

 

移動・回転・拡大

移動は左端のツールを選んでからオブジェクトを選びます。

f:id:apicode:20200310144741p:plain

 

回転は左パレットから回転アイコンを選んでオブジェクトを選択します。

f:id:apicode:20200310144745p:plain

 

拡大や縮小もできます。拡縮アイコンを選んでオブジェクトを選択。

あとは拡縮用に表示されたポイントをドラッグして移動しましょう。

f:id:apicode:20200310144749p:plain

 

削除はゴミ箱アイコンを選んでから消したいアイテムをクリックします。

f:id:apicode:20200310145447p:plain

 

アンドゥは効くので(コントロール+z)、間違えて消したら復活させましょう。

 

 

組み合わせて複雑な3Dデータをつくる

3Dキットはそれほど多機能ではありませんが、組み合わせなどでも図形を作りやすいです。

 

例えば直方体を作ります。

複製機能でコピーします。

f:id:apicode:20200310162155p:plain

 

2つのボックスが重なるように配置して、「ベーシック>プリン>交差」を選択。

続いて2つのボックスをクリックすると...

f:id:apicode:20200310162204p:plain



かさなったところだけがデータになります。

f:id:apicode:20200310162323p:plain

 

「ベーシック>プリン>サブストラクト」を選択してから図形を2つクリックすると、片方から片方の重なっているところをくりぬいた(除去した)オブジェクトを作ることができます。

f:id:apicode:20200310162431p:plain

 

一見複雑なものであっても、このようにくっつけたり削ったりしていくことで思ったよりは簡単に作れるようになります。 

 

2Dから3Dデータを作る

加工は「モーフィング」タブにいろんなツールがそろっています。

 

図形を書いて高さを加える

2D現行という機能を利用します。

f:id:apicode:20200310161625p:plain

 

作画パターンを選んで描きます。

f:id:apicode:20200310161610p:plain

 

次に押し出しツールを選びます。

f:id:apicode:20200310161708p:plain

 

先ほど描いた図形を指定し、押出量を追加します。

f:id:apicode:20200310161724p:plain

 

これで2D図形が高さのある3D図形になりました。

f:id:apicode:20200310161727p:plain

 

フリーフォーム変換

f:id:apicode:20200310160930p:plain

 

面をクリックするとその方向にオブジェクトが追加して伸びていきます。

f:id:apicode:20200310160934p:plain

 

3Dプリンタ用に出力する

左上のメニューからエクスポートでSTLへ書き出すことができます。

f:id:apicode:20200310150727p:plain

 

 

 

 

 

XYZwareとは?

f:id:apicode:20170811092408p:plain https://jp.xyzprinting.com/jp_ja/Product/XYZware-Pro  

 

ダヴィンチなどのプリンタを使う場合、XYZware proという無料3Dプリント用アプリが提供されています。

ダヴィンチについてはこちらにまとめてあります。 

 

  ただしこのソフトはダウンロードリンクはなく、XYZmakerというソフトのほうに移行するような感じです。

  ただしうちではXYZmakerでは、WiFi設定やファームウェアの更新がなぜかうまくいきません。

 

こちらのXYZwareからは行えました。 なので、場合によってはこちらのソフトから設定等したほうがいいかもしれません。   

 

 

ダウンロード

XYZメイカーへ移行ということなのか、XYZウェアのリンクがなかなか見つかりませんでした。   しかし、XYZウェアは以下より旧バージョンがダウンロードできます。 右上のダウンロードアイコンをクリックして入手しましょう。 XZYware V2.1.17.5.exe - Google ドライブ   起動すると「最新版にしますか」と出るのでバージョンを上げることができます。

出典:Where do I find older XYZWare software? - Topics - Da Vinci Printer Owners - Groups - Thingiverse  

 

(更新 2017/8/15) こちらにリンクがありました。 XYZprinting 3D Printer   インストールして起動するとこんな感じ。

f:id:apicode:20170814171106p:plain  

 

(更新 2020/4/1)

現在はこちら。

http://www.xyzprinting.com/support/ja-JP/Help/download/XYZware

 

 

アップデート

「?」アイコンで情報が出ます。 ソフト自体の更新、またプリンタ用ファームウェアの更新がこちらから行えます。

 

古いとアップデートするようダイアログがよく出てうざいです。

 

まずは最新版にしておきましょう。

f:id:apicode:20170814171231p:plain  

 

ファイルを開く

左上のインポートアイコンでファイルをロードします。

f:id:apicode:20170814171110p:plain  

 

左のアイコンで直方体のものを選ぶと、視点を変更できます。

f:id:apicode:20170814171114p:plain  

 

左のアイコンで矢印のものを選ぶと移動します。

f:id:apicode:20170814171117p:plain  

 

左のアイコンで回転のものを選ぶと、角度を指定できます。

f:id:apicode:20170814171121p:plain  

 

左のアイコンでサイズのものを選ぶと拡縮できます。

f:id:apicode:20170814171125p:plain  

 

左のアイコンで「i」マークはオブジェクトの情報です。 印刷体積が大きいとプリント時間がかなりかかります。

ボリュームはぜひ確認しておきましょう。

 

f:id:apicode:20170814171128p:plain    

 

プリンタ設定

画面右下にあるアイコンがプリンタ設定アイコンです。

押すとこのようにメニューが出てきます。

f:id:apicode:20170814171143p:plain

 

  「フィラメント>フィラメントをロードする」を実行します。

f:id:apicode:20170814171152p:plain

 

すると材料がロードされます。

f:id:apicode:20170814171155p:plain

 

3D印刷

上の「エクスポート」アイコンで「書き出す」を実行すると3D印刷を行います。

f:id:apicode:20170814171131p:plain  

 

あとは「印刷」ボタンを押します。

f:id:apicode:20170814171140p:plain  

 

設定

上にある「歯車」アイコンで設定を開けます。 一般タブでは言語を設定できます。

f:id:apicode:20170814171217p:plain  

 

エディタでは表示単位が設定できます。 

f:id:apicode:20170814171220p:plain  

 

プリンタでは3Dプリンタの表示色設定など。

f:id:apicode:20170814171224p:plain     

 

WiFi設定するには?

ダビンチmini wのようにwifi対応機種では、wifi接続の設定ができます。

 

画面右下の設定アイコンをクリックし、「プリンターモニター」のボタンをクリック。

f:id:apicode:20170814171143p:plain  

 

次に「マイプリンター」をクリック。

f:id:apicode:20170814171200p:plain  

 

すると「WiFi接続設定」があるのでクリック。

f:id:apicode:20170814171204p:plain  

 

その後、WiFiをスキャンして一覧から選択。 必要であればパスワードを入れて接続します。

f:id:apicode:20170814171228p:plain  

 

これで接続を行ってみます。

f:id:apicode:20170814171207p:plain  

 

しかしうちではエラーで接続できませんでした。

f:id:apicode:20170814171210p:plain

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

プライバシーポリシー |〇利用規約 |〇問い合わせ