Windows11の教科書.net

ウィンドウズ11やスマホで困ったことを調べたブログ

ウィンドウズ11やアプリで困ったことを調べたブログ

スポンサーリンク


Adobe Creative Cloud Express登場!使い方は?

adobeがAdobe Creative Cloud Expressを発表。プロ向け製品が多かったアドビですが、今回は無料&廉価版でクリエイティブツールが使えるようになります。

Adobe Creative Cloud Expressとは?

SNSでの投稿からロゴ、チラシ、バナーなどがオンラインで作れるサービスです。

 

最近はCanvaなどが利用者を大きく伸ばしていますので、Adobeといえども手をこまねいているわけにはいかない...ということかもしれませんね。

 

 

費用は?

プレミアムでも1078円です。

価格 | Adobe Creative Cloud Express

f:id:apicode:20211214104544p:plain

 

無料でもストレージは結構たっぷり。

  • 数千ものユニークなテンプレート、デザインアセット、Adobe Fonts
  • Adobe Stockのロイヤリティフリー無料写真コレクションの一部
  • 基本編集機能と背景の削除やアニメーション化などの写真効果
  • Webとモバイルの両方で作成可能
  • 2GBのクラウドストレージ

 

また有料は

  • すべてのプレミアムテンプレートとデザインアセット
  • Adobe Stockの1億6,000万点を超えるロイヤリティフリー写真の全コレクション*
  • Adobe Fontsの2万種類を超えるライセンスフォント、曲線やグリッドを使ったものや2つのフォントを組み合わせたものなど
  • カットアウトの調整、サイズ変更、グラフィックのグループなどのプレミアム機能
  • タップ1回でブランディング、ロゴ、カラー、フォントを追加
  • PDFと他の形式の双方向変換、書き出し
  • Creative Cloudライブラリを使用して、テンプレートとアセットを作成、管理、共有
  • Webとモバイルの両方で作成可能
  • 100GBのストレージ

 

使うには?

アドビアカウントでログインできます。

Adobe Creative Cloud Express(旧Adobe Spark)にようこそ

f:id:apicode:20211214104838p:plain

 

ポスターやインスタストーリーなど、作る対象を決めます。

f:id:apicode:20211214105017p:plain

 

テンプレートを選びます。

f:id:apicode:20211214105020p:plain

 

テンプレートの文字や画像を修正。

f:id:apicode:20211214105023p:plain

 

あとはPNG、JPGなど形式を選んでダウンロードすればOK。

f:id:apicode:20211214105026p:plain

 

 

使いやすいですし、Canvaなどで作ったことがあれば操作性は大体一緒です。

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

利用規約・プライバシーポリシー |〇問い合わせ