AIで稼ぐ教科書

ChatGPT, Stable Diffusion, Visual Studio, Excelなど教科書

【エクセルの教科書】ChatGPTを使うには?「ChatGPT for Excel」とは?

ChatGPT for Excelは課金なくChatGPTをエクセルから使えるアドインです。

エクセルでChatGPTを使うには?

オフィスには「コパイロット」としてAI機能が搭載されます。

 

またそれとは別に、アドインでChatGPTの機能を使うやり方も可能です。

 

 

ChatGPT for Excelとは?

ChatGPT for Excelは、ChatGPTが使えるようにするエクセルのアドインです。

アドインから探して追加しましょう。

 

インストールすると、ChatGPTのAPIキーを入れるようになっています。

ChatGPTのAPIキーは開発者じゃなくてもOpenAIのサイトから入手できます。

API keys - OpenAI API

 

入手したら以下の欄へコピペ。

 

キーを入れれば使えるようになります。

 

質問する

「AI.ASK」でChatGPTに質問を送って回答をもらうことができます。

 

例:

= AI.ASK("why sky is blue?")

 

入力直後は通信のため「ビジー」となりますが、少し待てば回答が返ってきます。

 

また日本語ですがChatGPTでは問題なく使えるので、このアドインでも日本語で質問して使えます。

 

 

リスト

リストを受け取って複数のセルに入力することもできます。

=AI.LIST("list of seasons")

 

季節のリストを求めて、四季それぞれがセルへ自動で入りました。

 

 

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

プライバシーポリシー |〇利用規約 |〇問い合わせ