アプリの教科書

アプリ・ウィンドウズで困ったことを調べたブログ

ウィンドウズ10やアプリで困ったことを調べたブログです。

スポンサーリンク


【Windows 10】PDFソフト「Drawboard PDF」の使い方

Drawboard PDFは、PDFを作ったり、開いて描画ツールでお絵かきしたりできる多機能PDFツールです。有料ソフトですが無料でお試しすることもできます。

ここではDrawboardの使い方や機能を紹介していきます。パレットはちょっと癖がありますが、慣れれば使いやすいと思います。

Drawboard PDFとは?

f:id:apicode:20190623115638p:plain


ウィンドウズ用のPDFソフトです。マイクロソフトストアから入手できます。文字のハイライトや描画などは便利ですし、PDFビューワとしてももちろん使えます。

 

レビューでは結構落ちるという意見があるので、先に体験版で試しておくとよいでしょう。うちで使った感じでは一度も落ちませんでした。動作が特に重いということもありませんでした。

 

無料で使える?

有料アプリですが無料体験版があります。正規版は9.99ドル(約1000円)です。

www.microsoft.com

 

 

 

 

 

Drawboard PDFの使い方  

起動するとこんな感じ。

フォームに何も記入せずに進めても次のページへ行けました。デジタルペンを使っているか聞いてくるので、PCの場合は右を選ぶとよいでしょう。

f:id:apicode:20160524094617j:plain

 

ファイル操作

ファイルを開く・作成

メイン画面はこんな感じ。

f:id:apicode:20200604090439p:plain

 

 

「+」ボタンを押すとファイルを選択できます。よく使うフォルダーを登録しておけば、そのフォルダ内のファイルがすぐ選択できるようになります。

f:id:apicode:20200604090539p:plain



「白紙のドキュメント」を選べば、サイズを選んで真っ白なPDFファイルを作成できます。

f:id:apicode:20200604090650p:plain

 

ページの表示

ファイル関連のメニューは左上にあります。

f:id:apicode:20200604091855p:plain

 

左側のアイコンから「表示とレイアウト]を選ぶことで表示方法を変更できます。

 

例えば「単一ページ」なら1ページごとの表示で、「見開きページ」なら両面見開き表示となります。

 

「ページに合わせる」ならページを画面内に収めるように、「幅に合わせる」なら横幅だけ画面にあわせるように、「高さに合わせる]なら高さを画面にあわせます。

f:id:apicode:20200604091333p:plain

 

 

ページ単位でサムネール一覧を出すには「pages」アイコンをクリックします。

f:id:apicode:20200604091535p:plain

 

ページの回転

f:id:apicode:20200604104251p:plain

ページで個別ページのメニューを開くと「時計回りに回転」「反時計周りに回転」といった機能を実行することができます。

 

ページの追加・削除

ページのサムネイルでメニューをクリック。

「新規ページを挿入」というのがあるので実行。

f:id:apicode:20200606094419p:plain

 

すると追加ページ数や配置、サイズなどを指定してチェックマークで追加します。

f:id:apicode:20200606094422p:plain


メニューから「ページを削除」を実行するとそのページだけ消すことができます。

f:id:apicode:20200606094540p:plain

 

ページの検索

f:id:apicode:20200604091501p:plain



左のバーにある虫眼鏡アイコンで検索できます。

実行すると、該当箇所の一覧が出るのでクリックで移動できます。日本語の検索語も大丈夫でした。

 

保存、終了

「document options」 のアイコンから保存、終了を選ぶことができます。

印刷もできます。

f:id:apicode:20200604091719p:plain

 

 

パレット

Drawboard PDFでは、円状のインタフェースから操作を行います。

パレットはクセはあるものの、よく使う機能をすぐ呼び出せます。慣れると非常に使いやすいです。

 

パレットの使い方

ペンや挿入などの項目が並んでいて、ダブルクリックで選択します。

 

中央を押すと...

f:id:apicode:20210122093407p:plain


 

小さくなります。使わないときはこのように小さく表示しておくとよいでしょう。もう1度クリックすると大きくなります。ドラッグで位置を移動できます。

f:id:apicode:20210122093413p:plain


消しゴム 

ペンで書いた文字を選択することで消すことができます。

各項目はそれぞれサブメニューがあります。円の縁のところに「>」マークがあるのでクリックしてみましょう。

消しゴムで「>」ボタンを選ぶと...

f:id:apicode:20210122093529p:plain


消す大きさのサイズを選択する設定が開きます。円の中央を押すと前の画面へ戻ります。

f:id:apicode:20200604092256p:plain

 

 

パン

f:id:apicode:20210122093625p:plain

 

パンのところで「>」メニューを選ぶと選択方式を変更できます。

f:id:apicode:20210122093740p:plain

  

ペン

f:id:apicode:20200604092812p:plain

ペンを選ぶと、後は画面上に自由にお絵かきできます。

 

「>」メニューを選ぶと色やサイズ、不透明度などを変更できます。

f:id:apicode:20210122093928p:plain

 

ペン2

f:id:apicode:20210122094110p:plain

ペン2では、マーカーのような太くて透明な線を描きます。



強調表示

f:id:apicode:20210122094251p:plain

 

強調表示されたラインを描いたりできます。

 

テキスト強調表示

f:id:apicode:20210122094408p:plain

選択した文字に装飾をつけます。

 

初期状態では、文字選択するだけで以下のようなハイライト表示をします。

f:id:apicode:20210122094424p:plain

 

「>」メニューから装飾を打ち消し線に変更したりできます。

f:id:apicode:20210122094534p:plain

 

パレットから挿入

f:id:apicode:20210122094608p:plain

メモなどの挿入を行えます。

 

文字

Textを選んだあと、用紙の上をドラッグして位置を決めます。

すると文字が打てるようになります。

f:id:apicode:20190715105709p:plain

 

画像

パレットで「Insert>Image」で画像を選べます。

f:id:apicode:20190715105951p:plain

 

ファイル(File)を選び、用紙上をクリックするとファイル選択が出るので画像を選べばOKです。

f:id:apicode:20190715105955p:plain

 

署名

パレットから「Insert>Signature」を選び、用紙上をクリックします。

f:id:apicode:20190715110152p:plain

 

ダイアログが出てくるので「NewSignature」を選び、名前や社名をいれて署名を作り「Insert」で挿入します。

f:id:apicode:20190715110157p:plain

 

 

パレットの詳細設定

パレットに「詳細」があり、これは設定用のパネルを表示します。パレットにある機能もこちらから行うことができます。

パレットが使いにくい場合はこちらを使うのがおすすめです。

f:id:apicode:20210122094720p:plain



以下のようなパネルが開きます。

f:id:apicode:20210122094750p:plain

 

 

選択 

選択タブのところで、選択方式(投げ縄・文字など)を変更できます。

f:id:apicode:20210122094950p:plain


描画

描画のところからペンや直線、四角形や円形といった図形を選ぶことができます。

f:id:apicode:20210122095035p:plain

 

挿入

文字や写真の挿入を行えます。

f:id:apicode:20210122095134p:plain

 

測定

定規などを選択できます。ただしこれはPRO版の機能となります。

f:id:apicode:20210122095355p:plain

 

 

 

ショートカットキー

以下のようなたいていのアプリがサポートしている標準的なものはドローボード内でも利用可能です。

  • コントロール+O:ファイルを開く
  • コントロール+Y:アンドゥ
  • コントロール+Z:リドゥ
  • コントロール+X:カット
  • コントロール+C:コピー
  • コントロール+V: ペースト

 

 

 

Drawboard PDFの不具合

英語のまま?

左下の設定を開き...

f:id:apicode:20200424160311p:plain

 

「View and layout」タブで下のほうにLanguageがあります。

f:id:apicode:20200424160313p:plain

 

利用者の方によれば、ウィンドウズ自体のアップデートをかけないと日本語メニューが出なかった事例がありました。

 

うまくいかない場合には念のためウィンドウズアップデートを完了して最新の状態にしてからお試しください。

 

起動しない・落ちる

うちのウィンドウズ10PCでは問題なく動作はしています。

ただしレビューを見ていると、動作が不安定で、落ちてしまうことも多々あるようです。

 

無料利用できますので、動作的に問題ないかまずは確認してから購入されるほうがよいでしょう。

 

80240024エラー?

インストール時のエラー。

マイクロソフトストアのエラーのようです。

「設定>アプリと機能>Microsoft Store>詳細オプション」で「リセット」を実行してから再度インストールしてみましょう。

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

利用規約・プライバシーポリシー |〇問い合わせ