Windows11の教科書.net

ウィンドウズ11やスマホで困ったことを調べたブログ

ウィンドウズ11やアプリで困ったことを調べたブログ

スポンサーリンク


【Windows 11】3万円台でWin11のノートを買える?スペックは? Lenovo IdeaPad Slim 150編

Lenovo IdeaPad Slim 150は、3万円台でWin11のノートを買えます。そのスペックなどを検証していきます。

Windows 11搭載で3万円台のノート

Windows 11搭載で3万円台のノートは、DELLの「Lenovo IdeaPad Slim 150 - プラチナグレー」。

IdeaPad Slim 150 | 持ち運びに最適なサイズに基本性能を凝縮 | レノボ・ジャパン (lenovo.com)

f:id:apicode:20220124153833p:plain

 

スペック検討

価格

販売価格は、¥37,620。税込・送料無料です。

これはお得。

 

メモリ

まずメモリはなんと4GB!

正直、これではゲームや画像編集などのソフトを使うのは厳しいです。

ネットサーフィンでユーチューブを見たり、ワープロで文書編集などはまずまずだと思います。

 

CPU

AMD 3020e プロセッサー (1.20 GHz, 4 MB)

こちらもゲームなどには非力です。

 

グラフィック

AMD Radeon™ グラフィックス、画面は11.6" HD (1366 x 768)。

こちらもゲームなどには非力です。また画面は小ぶりな印象です。価格的を考えるとしょうがないでしょう。

 

ストレージ

128 GB PCIe SSDでかなり少ないです。使っていくうちに、HDDかSSDは外付けでほしくなりそうな気はします。

安いわりにはSSDなのでOS起動はまずまずだと思います。

 

付属

オフィスはありません。

SDカード リーダー

USB 3.0x2

HDMI

30 万画素カメラ

 

感想

ネットサーフィンをしつつ、ビジネスならワープロでビジネス文書、あるいは学生さんなら授業のノートやレポート作成など用途を決めれば十分使える内容です。

 

非力である上に画面も小さいので、プログラム開発やデザインなどはあまり向いてないと思います。

 

ゲームやユーチューブ(動画作成のほう)もだめ。

 

安いだけに、メモリが4GB、画面が小さい、USBが2つだけなどかなりスペックは低いです。用途と価格が見合っているかで検討しましょう。

 

USBx2の場合、USBマウスとUSB外付けSSD(ディスク)ですぐ埋まりそうです。

 

どちらかというと、初心者のエントリーか、ビジネスマンのサブ機的な感じはします。

 

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

利用規約・プライバシーポリシー |〇問い合わせ