AIで稼ぐ教科書

ChatGPT, Stable Diffusion, Visual Studio, Excelなど教科書

Robloxゲームの作り方 完全版

Robloxは、比較的年齢が低めのマイクラといった感じです。Robloxではスタジオというソフトが提供されています。これを使えば、自分でワールドをつくってRobloxにアップするといった使い方も可能です。

Roblox Studioとは?

LEGOをオンラインゲームにしたらこんな感じ...という雰囲気のサンドボックスゲームです。

 

ユーザは自由に世界を作ってアップすることができます。

なかにはそれだけで年間●●●●万円稼ぐユーザもいるようです。 

 

RobloxではRobloxスタジオというエディタを無料でダウンロードできます。

スタジオを使えば、ゲームを作ってサーバへアップすることができます。

 

ダウンロード 

まずはRobloxのサイトへアクセス。

Createのページを開きます。

Create - Roblox

f:id:apicode:20180908201719j:plain

 

ログインし、Robloxスタジオをダウンロードします。

アカウントがない場合は先に作成しましょう。

f:id:apicode:20180908201730j:plain

 

日本語化は?

Robloxゲームのほうは日本語化されています。

しかしRobloxStudioはまだ対応していません。今後の対応に期待しましょう。

 

(更新 2021/11/3)

米で教えてもらったように、しれっと日本語化されていました。

 

 

Robloxでゲームを作る

ダウンロード後起動するとテンプレートがたくさんあります。

f:id:apicode:20180908201733j:plain

 

中にはゲームのテンプレートもあります。

どのような作り方なのか、自分で探っていくのもよいでしょう。 

 

 

テンプレート

アスレチックコースのサンプルです。

 

Bobby

f:id:apicode:20191123153059p:plain

下に落ちないようにとびとびに用意しているプレートへジャンプして移動するコースです。

 

f:id:apicode:20191123153116p:plain

地味に難しいです。落ちると、途中のポイントから再戦となります。

 

Line Runner

f:id:apicode:20191123153816p:plain

スペースキーを押すとゲームスタートです。

アバターは自動で走り出すので、ジャンプなどの操作をユーザが行います。

結構反射神経を使うゲームです。

 

Infinite Runner

f:id:apicode:20191123154025p:plain

 

今度はLine Runnerを、アバターをカメラが追いかけるような後方からの視点でのアスレチックゲームです。

 

Capture the flag

いわゆる旗取りゲームです。

f:id:apicode:20191123154338p:plain

 

Racing

f:id:apicode:20191123153302p:plain

 

車に乗り込んでレースをプレイできます。

f:id:apicode:20191123153505p:plain

 

 

Combat

f:id:apicode:20191123154757p:plain

中央に武器がもらえるゾーンがあります。

そこで剣や銃、ヘルスを取得して戦いあいます。

 

FFA(デスマッチ)

f:id:apicode:20191123154625p:plain

ミサイルランチャーを武器として利用できるFree for All、いわゆるデスマッチプレイが行えます。

 

Create and Destroy

f:id:apicode:20191125144131p:plain

ゴジラ気分で、どちらがより多くの建物を破壊できるかというゲーム。

建物をクリックすると破壊できます。

 

 

ゲームの実行と停止

Robloxスタジオのいいところは、作ったゲームをすぐにプレイして確認できることです。

 

プレイボタンが上のほうにあります。F5キーを押すことでもスタートします。

f:id:apicode:20191125155034p:plain

 

「テスト(TEST)」タブで「プレイ(Play)」を押しても実行できます。

f:id:apicode:20211103152125p:plain




 

ゲームを開始すると、その中をアバターで歩き回ることができます。

自分のキャラクターは、WASDキーで移動します。

カメラはカーソルキーを使うことで視点を動かすことができます。

f:id:apicode:20180908201739j:plain

 

 

テストをやめて戻る場合は、上にある赤いストップボタンを押します。

シフトキーを押しながらF5キーを押すことで止まることができます。

また、「テスト(TEST)」タブで「停止(Stop)」を押すことでも停止できます。

f:id:apicode:20211103152206p:plain

 

保存する

出来たデータは途中であっても保存して残しておきましょう。

ファイル(FILE)メニューで「ファイルに保存(Save File)」を実行。

名前を付けて保存します。

 

あとは「コントロールキー+S」を押した段階で保存できます。

 

ショートカットキー

操作に慣れてきたらショートカットキーを覚えると、開発効率が上がります。

【Robloxゲームの作り方】作業効率アップ! ショートカットキー一覧 - 困ったー

 

ステージを作る

ロブロックスでは地形自体から作成することができます。

【Robloxゲームの作り方】地形を作成・編集するには? - 困ったー

 

 

物体を作る

物体を配置する

ツールボックスアイコンを押すと、いろんなオブジェクトが格納されているパネルが開きます。

f:id:apicode:20211103152304p:plain


ツールボックスからステージ上にドラッグすれば配置できます。

f:id:apicode:20211103152431p:plain

 

あとは、クリック後に現れる矢印キーを使って位置を変更したりできます。

 

 

「ホーム(Home)」タブで「パーツ(Part)」の下矢印をクリックすれば、「ブロック(Block)」「球体(Sphere)」「三角柱(Wedge)」「円柱(Cylinder)」があります。

f:id:apicode:20211103153512p:plain

 

ためしに「球体(Sphere)」を選ぶと、このようにステージ上にボールが作られます。

f:id:apicode:20191125160047p:plain

 

色を付ける

今度は「ホーム」タブで「素材(Material)」や「色(Color)」を変更できます。

試しに素材を小石にすると

f:id:apicode:20211103153638p:plain

 

こんな風にすぐ変化。

f:id:apicode:20211103153728p:plain

 

色も変更できます。

f:id:apicode:20211103153756p:plain

 

複製・削除

ものを選んだ状態で「Delete」キーを押すと削除になります。

者を選んだ状態で「コントロールキー+D」で複製、つまり同じものをもう一つ作り出すことができます。

 

これらの機能は便利ですが、間違ってせっかく作ったものを消してしまうこともあるでしょう。

そんな時に便利なのがアンドゥとリドゥです。

 

元に戻す場合は「コントロールキー+Z」で「アンドゥ」を実行します。「アンドゥ」を繰り返すと、1工程づつ戻っていきます。

やり直す場合は「リドゥ」で「コントロール+Y」で実行します。

 

 

ものを編集する

移動・回転・拡大

今度は置いたものを動かしたり回したりしましょう。

移動は「ホーム(Home)」または「モデル(Model)」タブにある「移動(Move)」アイコンをクリックします。

f:id:apicode:20211103153855p:plain



 

すると補助線がでるます。補助線はそれぞれの向きにだけ動くので、移動先を指定しやすいです。

f:id:apicode:20191125160609p:plain

 

拡大や縮小は「スケール(Scale)」を選びます。

f:id:apicode:20211103153924p:plain



 

すると拡大縮小用の補助線が出てきます。

f:id:apicode:20191125160831p:plain

 

回転の場合は回転(Rotate)を選びます。

f:id:apicode:20211103153957p:plain



 

すると回転用の補助線が出てきます。

f:id:apicode:20191125160835p:plain

 

 

出現場所を設置する

ゲームの開始地点を指定することもできます。

ステージ上で右クリック。

「オブジェクト挿入(InsertObject)」で「スポーン場所(Spawn Location)」を選びます。

スポーンとはゲーム開始時に自分が生まれ出てくるところという意味です。

f:id:apicode:20191125161917p:plain

 

好きな場所へ移動ツールを使って動かします。

f:id:apicode:20191125161919p:plain

 

F5キーを押すなりしてゲームを実際に動かします。

すると設置した場所に自分が登場します。

f:id:apicode:20191125161922p:plain

 

名前を付ける

作ったアイテムは、右側のツリー画面で「ワークスペース(Workspace)」の中にも表示さえれます。

 

ステージ上で物を選択するとツリー側でも選択されます。逆にツリー上で選択すると、ステージ上のものが選択されます。

f:id:apicode:20191125193416p:plain

 

名前は自動的につくのですが、覚えやすいように名前を付けなおすと管理が楽になります。

 

選択状態で画面右下のプロパティを見てみます。

するとその物体の名前などの情報が一覧できます。

f:id:apicode:20191125193546p:plain

 

名前(Name)のところは自由に編集できるのでわかりやすい名前にしておきます。

f:id:apicode:20191125193638p:plain

 

グループ化

建物を複数のパーツを組み合わせて作った場合、移動させるのに1パーツづつとなるとかなり手間です。

 

そこで、複数のパーツを1つのパーツのように扱えるのが「グループ化」です。

 

グループにするのは簡単で、シフトキーを押しながらまとめたい物体を次々とクリックしていきます。

あとは「コントロールキー+G」を押します。

f:id:apicode:20191125193828p:plain

 

グループ化すると、選択したものが1つのボックスのような状態となります。

さらに、右側のツリー画面でも個別の物体を含む新たな物体が形成されます。

移動などはこの親の物体を選択して行えば、一度に動かすことができるわけです。

f:id:apicode:20191125194002p:plain

 

グループを解除するには「コントロールキー+U」を押します。

 

 

作ったものが落ちてくる?

ゲームを実行すると、重力が効いてしまい、作ったものが落ちてきます。

 

これを防ぐのがアンカー(Anchor)という機能です。

物体を選んでアンカーを選択状態にすると、その物体はゲームプレイを始めても地面へ落下することはありません。

f:id:apicode:20211103154102p:plain

 

 

 

効果を追加

「Model(モデル)」タブの右端のほうに「Effect(エフェクト)」があります。

ブロックを置いて選択してから「Fire(炎)」を追加すると、以下のように燃えさかるブロックとなります。

f:id:apicode:20201213125852p:plain

 

炎だけ表示したい場合は、ボックスを選び「Trasparency」を1にします。

f:id:apicode:20201213130043p:plain

 

消すには、エクスプローラ画面でFireを選んでDelete(削除)します。

f:id:apicode:20201213130201p:plain

 

Smoke(スモーク)を追加すると、霧のように真っ白に。

f:id:apicode:20201213130252p:plain

 

Sparkle(火花)を追加するとこんな感じ。

f:id:apicode:20201213130431p:plain

 

パーティクルを追加

効果で「ParticleEmitter」を追加するとこんな感じに。

f:id:apicode:20201213130512p:plain

 

パーティクルの向きや速さは変更可能です。

例えばParticleEmitterを選んで、「SpreadAngle(飛散角度)」を180にすると、広範囲に飛び散ります。

f:id:apicode:20201213130628p:plain

 

 

 

スクリプトを追加

スクリプトを書くことで、より細かい、思い通りの操作を追加することができます。

スクリプトはLUAに準じており、割あいLUAを利用してプログラミングできるアプリはほかにもあるので知っておいて損はないと思います。

 

 

 

地形編集

Home(ホーム)タブにあるEditor(エディター)を押すと地形ツールのパネルがでてきます。

 

Create(クリエイト)では、パラメーターを設定して「Generate(生成)」ボタンを押すだけですぐ地形が作成されます。

f:id:apicode:20201208150954p:plain

 

作り直す場合は「Clear(クリア)」で消去してからのほうがよいでしょう。

 

 

Map Settings(地図設定)では位置や大きさを設定できます。

f:id:apicode:20201208151132p:plain

 

Material Setting(マテリアル)では地形に使う自然の要素を指定できます。

f:id:apicode:20201208151136p:plain

 

Water(ウォーター)のみにすると海洋になります。

f:id:apicode:20201208151303p:plain

 

Plains(平地)。Caves(洞窟)がオンだと亀裂の入った状態で作成されます。

f:id:apicode:20201208151340p:plain

 

Dunes(砂丘)。

f:id:apicode:20201208151441p:plain

 

Mountains(山岳)

f:id:apicode:20201208151552p:plain

 

Arctic(北極)

f:id:apicode:20201208151638p:plain

 

Marsh(沼地)

f:id:apicode:20201208151717p:plain

 

hills(丘陵地)

f:id:apicode:20201208151809p:plain

 

Canyon(峡谷)

f:id:apicode:20201208151854p:plain

 

Lava(溶岩地)

f:id:apicode:20201208151915p:plain

 

シードは特定の数値を入れると、数値のパラメータに対応した同じ地形が再現されるというものです。

f:id:apicode:20201208152201p:plain

 

f:id:apicode:20201208152341p:plain

インポートではカラーマップにも対応しているようです。

カラーマップでは色の濃淡がそのまま地形データになるものだと思います。

 

作った地形をさらに編集することもできます。

「Region(地域)」を選ぶと、指定した範囲だけ編集できます。

f:id:apicode:20201208152545p:plain

 

Select(選択)で範囲を指定。

 

あとは

  • Move(移動)
  • Resize(リサイズ)
  • Rotate(回転)
  • Copy(複製)
  • Paste(貼り付け)
  • Delete(削除)
  • FIll(埋め尽くし)

などを行いましょう。

 

Edit(編集)タブのほうでは、ペイントソフトのブラシのようなもので地形を編集できます。

f:id:apicode:20201208152828p:plain

 

 

 

 

AIを使うには?

 

「AI搭載コード補完」「素材生成」にチェックを入れます。

規約に同意する必要があります。

 

この後スタジオを再起動します。

 

コード生成で利用するには、スクリプト中に「--」でコメント分を入れると提案があります。

 

提案が出たら「タブキー」で確定します。

 

こちらにもあるように上2行ぐらいはスクリプトを入れてないと稼働しないようです。

【生成AIの検証】Roblox StudioのAI-Powered Code CompletionとMaterial Generator - CrossRoad (crossroad-tech.com)

 

 

素材生成で利用するには、「ホーム」の「素材生成」から実行。

 

プロンプトを入れるとマテリアル候補が表示されます。

 

選んでApplyで

 

物体に適用されます。

 

 

ゲームを公開する

作ったゲームは最終的にロブロックスのサーバへアップして公開することができます。

 

発行とは、ロブロックスのサーバへゲームをアップすることになります。

すると、ゲームを公開して他の人に遊んでもらうこともできるようになります。

「File>Game Settings」を開きます。

 

BasicInfoでは名前や説明、アイコンを指定します。

f:id:apicode:20210520091343p:plain

 

Permissionではゲームの公開範囲です。

Privateなら自分だけ、Publicなら一般公開、Friendsは招待のみ(たぶん)。

f:id:apicode:20210520091345p:plain

 

Monetizatioは、有料課金がある場合に設定します。

f:id:apicode:20210520091350p:plain

 

Securityはセキュリティ設定。普通はこのままで大丈夫でしょう。

f:id:apicode:20210520091352p:plain

 

Worldでは重力や歩く速度の初期設定を指定できます。

f:id:apicode:20210520091355p:plain

 

 

では発行してみましょう。

「File」メニューから「Publis to Roblox」を選びます。

f:id:apicode:20201213102733p:plain

 

あとは

名前:Name

解説:Description

作者:Creater(Meは自分)

ジャンル:Genre

動作環境:Devices

を設定して「Create」を実行します。

 

無事発行されると、以下のような画面になります。「Close」で閉じます。

f:id:apicode:20201213102928p:plain

 

 

設定はロブロックスのサイトへアクセスし、「制作」メニューで「My creations」のところにゲームがあります。最初は「Private(プライベート)」となっています。

f:id:apicode:20201213103210p:plain

 

設定を変更するには、歯車メニューで「Configure Game(ゲームの設定変更)」を選びます。

「Edit(編集する)」ボタンを押すとロブロックススタジオのほうが起動します。

f:id:apicode:20201213103335p:plain

 

「Basic Settings(基本設定)」で「Publix(一般)」にすると誰でもアクセスできます。

f:id:apicode:20201213103337p:plain

 

その他

インストールできない

ダウンロード、インストールを実行したのにうまくインストールできないという場合、ログインしていないからかもしれません。

 

先にRobloxのページへ移動し、ログインしておきましょう。

 

そのうえでインストーラを起動してみましょう。

 

 

Saveできない?

RobloxStudio終了時に保存しますか?とでるのでOkすると、今度は「オンライン保存に失敗しました。接続を確認してください」と出ます。

f:id:apicode:20191120101929p:plain

うちでは何度やってもだめでした。

ただしこの場合、一応ローカル(PC内)に保存しておけば作業データ自体は大丈夫だとは思います。

 

ショートカット一覧

定番

コントロール+Z:アンドゥ(1つ前の状態にもどす)

コントロール+Y:リドゥ(アンドゥした後に使い、1つ先の動作へ進めなおす)

コントロール+C:コピー(選択アイテムを複製)

コントロール+X:カット(選択アイテムを複製するが、選択アイテムは削除)

コントロール+C:ペースト(コピーまたはカットした複製されたオブジェクトを配置)

書類:

コントロール+N:新しくファイルを作る

コントロール+O:ファイルを開く

コントロール+F4:ファイルを閉じる

コントロール+S:ファイルを保存

 

ゲーム動作

F5:再生。再生中はもう一度押すと一時停止と切り替えできます。

シフト+F5:ゲーム停止

 

オブジェクトの操作

コントロール+1:選択用カーソルキー

コントロール+2:移動モード

コントロール+3:拡大縮小モード

コントロール+4:回転モード

コントロール+5:トランスフォーム

 

オブジェクトの属性

コントロール+G:グループ化(複数のオブジェクトを1まとめに)

コントロール+L:ロック

 

 

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

プライバシーポリシー |〇利用規約 |〇問い合わせ