Windows11の教科書

ウィンドウズ11やスマホで困ったことを調べたブログ

【Windows 11】無料3Dデザイン「Shapr3D」の使い方は?

Shapr3Dはマイクロソフトストアで配布されている3Dソフトです。

無料で使えますが、無料版は制限があります。

Shapr3Dとは?

マイクロソフトストアからダウンロードできる3Dソフトです。

Shapr3D - Microsoft Store アプリ

 

Shapr3Dの使い方

起動するとこんな感じ。

 

マウス、タブレットやペンに最適化されています。

 

操作のプリセットを変更可能。

 

右ボタンドラッグで視点回転。

 

シフトを押しながら右ボタンドラッグで移動となります。

 

遠近はマウスホイールで。

 

作画はスケッチからアイコンを選んで描画します。

 

選択して矢印をドラッグすると立体になります。

 

アイテムの移動は、ダブルクリックしてから矢印で動かします。

 

パーツの上をホバーして、スペースキーを押して面の編集モードになります。

 

円を書いて、引っ張っていくだけで穴があいていきます。

 

円の淵をドラッグするだけで、いわゆるベベルのような効果も。

 

 

操作性は結構快適です。

 

ただし無料版は2デザインまで。

出力もSTL 、3MFに限られます。

 

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

利用規約・プライバシーポリシー |〇問い合わせ