アプリの教科書

アプリ・ウィンドウズで困ったことを調べたブログ

ウィンドウズ10やアプリで困ったことを調べたブログです。

スポンサーリンク


【アクセス】不具合のまとめ

アクセスは、オフィスファミリーのデータベースソフトです。

まだまだ現役でアクセスをベースにしたソフトも稼働していることでしょう。

ここではアクセス2016・2019の不具合情報などを中心にまとめていきます。

アクセスとは?

D-Wave takes the Leap for Quantum App Developers

ビジネススイートとしては最もよく利用されているのがマイクロソフトオフィス。

 

オフィスではワードやエクセルが有名ですが、アクセスはデータベース管理ツールとして使われています。

 

VBでのスクリプトに対応していることもあって、オフィスマクロに慣れているユーザからは開発しやすいツールとなっています。

 

現在でも社内システムや行政システムなどで、依然よく使われているツールのひとつです。

 

起動しない場合は?

セーフモード

アクセスをセーフモードで起動します。

「ウィンドウズキー+R」で「ファイル名を指定して実行」を選びます。

あとは以下のコマンドを入れて実行します。

msaccess.exe /safe

 

更新する

ファイル>アカウントから更新を実行します。

f:id:apicode:20160522103303j:plain

 

 

 

 

エラー一覧

2950

データベースの信頼度が低いと判断された場合にこのエラーが出るようです。

 

セキュリティ警告のオプションを開き、「コンテントを利用する(Enable this content)」にして実行します。

参考:https://www.stellarinfo.com/blog/how-to-fix-ms-access-database-error-2950/

 

また、ファイルのプロパティを開き、「互換モードのチェックの有無」のチェックを外すと治るかもしれません。

 

 

3340 クエリが破損しています?

ウィンドウズアップデートの影響によってアクセスへ大きな影響が出ています。

「クエリが破損しています」など、急に動作しなくなった場合はアップデートモジュールを一度アンインストールしたほうがよさそうです。

 

MSサイトでは

  • office2016:KB4484113
  • office2013:KB4484119
  • office2010:KB4484127

をアンイストールするといいという意見が出ています。

参考:2019年11月アップデート(KB4484113、KB4484119、KB4484127ʌ - マイクロソフト コミュニティ

 

office2016では

  • KB4484113
  • KB4484148

 

office2013では

  • KB4484119
  • KB4484152

 

office2010では

  • KB4484127
  • KB4484160

といった更新モジュールを安易ストールすると治ると報告するユーザがいます。

 

画面表示のトラブル

画面の表示がおかしい、遅いといった場合の対策です。

 

「オプション>全般」で「ハードウェアグラフィックアクセラレータを無効にする」にチェックを入れてみます。

これは、グラフィックドライバーによる不具合がある場合、これを無効にすることで改善される場合があります。

f:id:apicode:20200201154149p:plain

 

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

利用規約・プライバシーポリシー |〇問い合わせ