Windows11の教科書

ウィンドウズ11やスマホで困ったことを調べたブログ

「アンディー(&E)センサー」の使い方・感想は?

「アンディー(&E)センサー」は、イーデザインの新しい保険サービス「アンディ)利用者が使える自動車につけるセンサーです。

「アンディー(&E)センサー」の使い方

「アンディー(&E)」を申し込むと、センサーが送られてきます。これは自動車の保険が適用される開始前であっても利用できます。

 

「アンディー(&E)」保険についてはこちらを参照ください。

www.kyoukasho.net

 

 

箱入りですが、本体はかなり小さいです。

 

 

初期設定

アプリも無料で利用できます。

ただ申し込まないとセンサーは使えないので、利用者でないと意味はありません。

 

アプリ

iOS:

「&e(アンディー)共創する自動車保険」をApp Storeで (apple.com)

 

アンドロイド:

&e(アンディー)共創する自動車保険 - Google Play のアプリ

 

 

アプリを起動してログインします。SMS認証あり。

 

したらセンサーの設定をしましょう。

 

センサーは番号が自分の方へ向くように、

 

すこしゆすって動作させててから設置します。

 

 

指示通りやっていけばスマホアプリとセンサーを接続できると思います。

ブルートゥースが利用可能であることや、位置情報の利用を常に許可しておきましょう。

 

 

 

「アンディー(&E)センサー」の感想は?

シール?

センサーは下側のシールで車に貼り付けるようです。

 

ただ、下のシール面がよくわからなかったので、家の両面テープで無理やり貼っつけました。

 

スコアは役立つ?

センサーを設置したので乗ってみました。

 

タップすると過去履歴や走行距離などがわかります。

 

急加速、急ハンドル、急ブレーキをしなければ、大丈夫なのかなという感じはします。

 

普段から安全運転を心がけていれば、センサーなくてもいいかなと言う気はしないでもないです。

 

将来的にはセンサー+車載カメラで、AIがドライビングを解析してくれたりするようになるのを期待したいです。

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

利用規約・プライバシーポリシー |〇問い合わせ