Windows11の教科書

ウィンドウズ11やスマホで困ったことを調べたブログ

【Blender 3】初心者のアニメーション操作

Blenderは、ざっと使いこなすだけでもボリュームがあります。

今回はアニメーション編です。

キーフレームのアニメーション

キーフレームのアニメーションとは、特定のフレームでの位置や回転情報を設定すると、間のフレームの動きはBlenderが自動で補完してくれるというものです。

 

上のバーでアニメーションを選ぶと、アニメーション用のタイムラインが表示されて編集や管理がしやすくなります。

f:id:apicode:20211211152136p:plain

 

キーフレームを挿入

位置を移動するアニメを作ってみましょう。

「I」キーを押し「位置」を押します。

f:id:apicode:20211211144720p:plain

 

下のバーで、フレームの位置の数字を変更します。

その後、物体を動かして再度「Iキー」>「位置」を実行します。

f:id:apicode:20211211144726p:plain

 

再生ボタンを押して、物体が移動しているのを確認できればOKです。

f:id:apicode:20211211144730p:plain

 

キーフレーム削除

解除したいフレーム数のところまできたら、「I」キー「Alt」キーを押すと削除ダイアログが出るので押して実行します。

f:id:apicode:20211211145217p:plain

 

 

 

パーティクルのアニメーション

エミッター

パーティクルは特定のオブジェクトから、煙や光などを放出させることができます。

 

まずオブジェクトを作っておいて選択しておきます。

次にパーティクルプロパティアイコンを選び、「+」を押すとパーティクルシステムが追加されます。

f:id:apicode:20211211115524p:plain

 

スペースキーを押せば、丸い粒子が多数出てくることがわかります。

f:id:apicode:20211211115742p:plain

 

粒子の形状、粒子が出る向き、粒子の寿命(表示される長さ)をかえていくことでいろんな見え方にできます。

 

パーティクルを消すには「マイナス」アイコンを押します。

f:id:apicode:20211211144335p:plain

 

ヘア

ヘアも同じような感じで作れます。

パーティクルを追加したら設定を「ヘア」にします。

f:id:apicode:20211211120840p:plain

 

レンダリングするとこんな感じ。

f:id:apicode:20211211120843p:plain

 

ヘアにするだけで上記のようになるので、あとは形状、色などの設定を変更していきましょう。

 

 

Blender操作の目次はこちら。

www.kyoukasho.net

 

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

利用規約・プライバシーポリシー |〇問い合わせ