アプリの教科書

アプリ・ウィンドウズで困ったことを調べたブログ

ウィンドウズ10やアプリで困ったことを調べたブログです。

スポンサーリンク


【Visual Studio】C++の始め方

C++のプログラムを作りたい場合、「Visual Studio 2019」なら無料で利用できます。

ここではC++を始めたい場合の「Visual Studio 2019」の使い方について紹介していきます。

C++とは?

C

C++は、いわゆるC言語で記述するプログラムになります。

マイクロソフト「Visual Studio 2019」ではC++やC#、Pythonなどのいろんな言語に対応しているうえ、無料でも利用可能です。

C++の練習や勉強として活用するのもよいでしょう。

 

C++が利用目的に合致するのは以下のような場合です。

〇学校でC言語自体を学ぶ

〇VBやC#などよりもより高速に動作するプログラムを書きたい

〇VBやC#のようなフォームボタンがあるようなインタフェースは不要である

 

逆に、ウィンドウが開いて操作ボタンをユーザが操るようなタイプのものであればVisual Basicなどでプログラムを作ったほうが早いでしょう。

 

  

C++プロジェクトの作成

Visual StudioをインストールするときにC++でのプログラム開発の機能を利用できるようにしましょう。

 

以下のように「C++によるデスクトップ開発」を指定するとよいでしょう。

f:id:apicode:20190630181439p:plain

 

 

プロジェクトの種類

コンソールアプリ

今度はプロジェクトを作りましょう。

C++ではいくつかの形式でプロジェクト開発が可能です。

コンソールアプリ」にすると、コマンドプロンプトのような画面上で文字を出力したりできます。

f:id:apicode:20190630182649p:plain

 

試しに作ってみましょう。

f:id:apicode:20190630182651p:plain

 

ハローワールド

するとVisualStudioおなじみの画面ですが、C++開発用にセットアップされたモードが開きます。

f:id:apicode:20190630182654p:plain

 

すでに最低限のサンプル(ハローワールド!)がソースコード内に書かれています。

実行するとコンソールで「Hello World」が出力されるのが確認できると思います。

閉じるにはキーを何か押すか、ウィンドウの閉じるボタンを押せばコンソールが閉じます。

f:id:apicode:20190630182656p:plain

 

計算結果を表示

計算させてその結果をprintfで出力させると、 

int main(){
  char c1[32] = "本日のアクセス数";
  int iVisit = 312;
  printf("%s%d件", c1, iVisit);
}

 

「本日のアクセス数312件」と無事出力できました。 

f:id:apicode:20190630183434p:plain

 

デスクトップアプリ

プロジェクト作成時に「デスクトップアプリケーション」を選ぶと、ウィンドウが起動するようなソフトをC++で開発できます。

f:id:apicode:20190630184050p:plain

 

試しに作るとこんな感じ。

f:id:apicode:20190630184054p:plain

 

これを実行すると空白のウィンドウが、ファイルやヘルプといったメニューがついている状態で起動します。

f:id:apicode:20190630184057p:plain

 

あとはメニューを追加し、それに応じた処理などを記述していけばウィンドウズ用のデスクトップアプリが完成します。

 

 

空のプロジェクト

空のプロジェクトを作ると、ファイルすらない状態でプロジェクトが作成されます。

f:id:apicode:20201014103639p:plain

 

ウィンドウズデスクトップウィザード

ウィザードを選ぶと以下のような設定画面が出てきます。

f:id:apicode:20201014104131p:plain

 

デスクトップアプリ、コンソールアプリ、ダイナミックリンクライブラリ、スタティックライブラリなどを選んでから開始します。

例えばここでコンソールを指定すると、上記のコンソールアプリ用の作業画面が開くことになります。

f:id:apicode:20201014104134p:plain

 

 

主なエラー

R6009、R6026、R6027

メモリ不足。

PCの再起動や、余計な常駐アプリを停止するなどしてメモリを確保しましょう。

ファイルが破損している場合もあります。

 

R6018、R6028

ヒープエラー。

アプリケーションでメモリの確保、ポインタ処理などに間違いがないか、今一度確認してみましょう。

 

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

利用規約・プライバシーポリシー |〇問い合わせ