クリエイターの教科書

ChatGPT, Stable Diffusion, Visual Studio, Excelなど教科書

ChatGPTでゲーム作成プロンプト集 初級編

ChatGPTでゲーム作り 初級編です。

ChatGPTでゲーム作り

1行で作る

定番ゲームは1行で作ることが可能です。

 

3目並べ

プロンプトはこちら。

Javasciprtで三目並べをつくって(1ファイルで)

 

完成はこちら。

 

ブロック崩し

ブロック崩しのプロンプトはこちら。

Javasciprtでブロック崩しをつくって(1ファイルで)

 

できあがりはこちら。

 

 

オセロゲーム

プロンプトはこちら。

Javasciprtでオセロゲームをつくって(1ファイルで)

 

完成例はこちら。コマをクリックするとちゃんと白と黒が取り合いをしていきます。

 

将棋

プロンプトはこちら。

将棋のウェブゲーム、1ファイルで

 

完成したものはこちら。クリックしたコマが、次にクリックした場所へ移動します。

ただ交互に打つ、コマによって行ける先が異なるなどはまだ実装されておらず、動作についてはもっと指示を追加する必要があります。

 

 

ノベルゲーム

ノベルゲームのウェブゲームを作って(1ファイルで)

 

分岐も絵もない超シンプルなものができます。

 

 

タイピングゲーム

プロンプトはこちら。

Javasciprtでタイピングゲームをつくって(1ファイルで)

 

完成はこちら。

 

 

修正の仕方

最初に簡単なゲームを作り、そこから指示で変えていくと作りやすいと思います。

 

タイピングゲームを例にいくつか紹介していきます。

 

色やサイズを変更

画面サイズを500x500.背景色はオレンジで。

 

これで画面の感じがかわりました。

 

出題データ

データを変更します。

出題する文を「apple,orange,grape,watermelon,tomato」にかえてください

 

すると出題文が変わりました。

 

 

展開

自動生成されたゲームは1問ごとに「Start」ボタンを押しなおします。

これを連続とし、さらに最後にタイプミスが何個あったか表示させます。

5問連続でおこなえるようにしてください。タイプミスの有無をカウントしておき、終わったらx問中x問タイプミスがありました。と表示してください

 

最初に基本パターンを作っておき、それができてから全体の構成「x問行ったら結果を表示」のように追加することもできます。

 

 

途中でおかしくなったら、正常だったところまで戻り、プロンプトを作り直すのがおすすめです。

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

プライバシーポリシー |〇利用規約 |〇問い合わせ