AIで稼ぐ教科書

ChatGPT, Stable Diffusion, Visual Studio, Excelなど教科書

【Stable Diffusion】Embedingの使い方は?

Embedingは部分的に追加学習をしたファイルです。

モデルと組み合わせることで、より自分好みの絵柄を作ることができます。何よりファイルサイズが小さいのがいいですね。

Embedingとは?

Stable Diffusionでモデルデータを探すと5GBなんてのがざらにあります。

 

それでも自分のイメージした画像が作れない場合がありますが、そこだけ学習したファイルを組み合わせることができます。

 

Embedingというやり方で、Embedingファイルはファイルサイズが小さく済むのがメリットです。

 

 

Embedingの使い方

Textual Inversionで絞って検索。

 

Textual Inversion対応のファイルをダウンロードします。

 

「C:\stable-diffusion-webui\embeddings」のように「embeddings」というところにファイルを入れます。

 

WebUIを起動したら、花札アイコンをクリック。「Textual Inversion」のタブにEmbedingにいれたファイルが出るのでクリック。

 

これでプロンプトにこのEmbedingを使うための情報が入ります。

 

最終的には入れたい情報をさらに追加し、「a girl,  chzJaimePressly」のようにプロンプトを設定して画像を生成します。

 

 

Embedingでおすすめなのが「negative_hand Negative Embedding」です。

これは手を学習したもので、手が変な形で作られるのを防止します。

 

やり方は上記と一緒ですが、プロンプト「negative_hand-neg」はネガティブプロンプトの方に記述します。

 

negative_hand Negative Embedding - negative_hand | Stable Diffusion Textual Inversion | Civitai

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

プライバシーポリシー |〇利用規約 |〇問い合わせ