アプリの教科書

アプリ・ウィンドウズで困ったことを調べたブログ

ウィンドウズ10やアプリで困ったことを調べたブログです。

スポンサーリンク


【Windows 10】https接続でエラーが頻発する場合は?

ウィンドウズ10へアップグレード後、https接続をするサイトの表示でエラーがよく起きるというケースがあります。

対策をまとめみました。

 

https接続とは?https

通常ブラウザで、フェイスブックやヤホーニュース、ツイッターに日刊ゲンダイなどを見る場合、「http」か「https」といったプロトコルを使ってデータを送受信しています。

 

サイトのURLが「http」か「https」で始まっていますので、どちらか確認できると思います。

 

「https」プロトコルを使うと、データの送受信が暗号化されます。

そのため、データの漏洩を防ぐ効果が期待できます。

 

特にネット通販サイトで住所やクレジットカードの番号を入れる場合、「https」を利用しているサイトだととりあえずは安心できると思います。

 

 

 

https接続でエラーになる場合は?

何らかの事情で「https」サイトへつながりにくい、エラーがよく起きる、となると、ネット通販の利用も怖くなります。

 

はたして対策は?

 

タイムゾーン設定を見直す

パソコンではタイムゾーンや時刻の設定を行うことができます。

これが不正確な場合、「https」での認証?作業がうまくいかないケースがあるようです。

 

パソコンの「設定>時刻と言語>日付と時刻」を開きます。

「時刻を自動的に設定する」「タイムゾーンを自動的に設定する」をそれぞれオンにしておくことで、時刻やタイムゾーンを正しく設定することができます。

f:id:apicode:20161025103105p:plain

 

 

悪影響のありそうなものをはずす

あるサイトでは「verto smartpanel」というアプリを外したら動作が治ったというケースが報告されています。

 

他にもアンチウィルス対策ソフトなどは、常駐してブラウザの動作を監視しています。一時的に「機能をオフにする・無効化する」といった措置をとり、影響があるかないか確認してみるのもよいでしょう。

 

実際に「カスペルスキー」という人気のアンチウィルスソフトがあります。

あるユーザは、同ソフトを一度アンインストールしてPCを再起動。そしたら、httpsエラーの症状がでなくなった!という報告しています。

 

その後カスペルスキーをインストールしたが問題はなかったそうです。

 

参考:

Windows 10 - Certificate/SSL Errors After Upgrade - Microsoft Community

Upgraded to Windows 10 and all https sites give be this error (Error code: sec_error_unknown_issuer). | Firefox サポートフォーラム | Mozilla サポート

 

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

利用規約・プライバシーポリシー |〇問い合わせ