Windows11の教科書

ウィンドウズ11やスマホで困ったことを調べたブログ

ウィンドウズ11やアプリで困ったことを調べたブログ

スポンサーリンク


Libre Office ドローの使い方

Libre Officeは無料で使えるオフィススイーツです。

本家のオフィスと違って、図形描画用のドローというソフトが含まれているのも特徴の1つでしょう。

ここではドローの使い方を紹介します。

LibreOffice ドローの使い方

Libre Officeをインストールすると、ドローも一緒に入ります。

起動するには、オフィスから「Draw 図形描画」を選びます。

f:id:apicode:20210720155843p:plain

 

起動するとこんな感じ。

f:id:apicode:20210720155941p:plain

 

ページ設定

まずはドキュメントの大きさを決めましょう。

ページメニューに「ページ設定」があります。

f:id:apicode:20210720160059p:plain

 

ここでドキュメントサイズや縦置き、横置きが選べます。

f:id:apicode:20210720160101p:plain

 

描画

線や塗

左側のパレットから種類を選びます。

円を選んでページ上でドラッグすると円が描けました。

f:id:apicode:20210720160205p:plain

 

線は図形を選んで、メニューから「線」を選びます。

f:id:apicode:20210720160344p:plain

 

色や大きさ、形状を変更。

f:id:apicode:20210720160346p:plain

 

これで線のデザインが変更できます。

f:id:apicode:20210720160349p:plain

 

塗は、メニューから「領域」を選びます。

f:id:apicode:20210720160508p:plain

 

色を変更すると、ちゃんと反映されます。

f:id:apicode:20210720160511p:plain

 

プロパティを出せば、図形のサイズや色などの情報を素早く一覧・変更できます。

f:id:apicode:20210720161214p:plain

 

パーツ

右側にシェイプアイコンがあり、おすと使えるアイコンを一覧できます。

f:id:apicode:20210720161307p:plain

 

文字

文字は挿入のテキストボックスから。

f:id:apicode:20210720161522p:plain

 

入力後は「書式」メニューからフォントや飾りを変更できます。

f:id:apicode:20210720161524p:plain

重なり

ドローツールなので、重ね順も大事です。

メニューから変更できます。

f:id:apicode:20210720160922p:plain

 

コントロール+Gでグループ化することもできます。

 

ファイル保存

メニューからエクスポートを選びます。

「次の形式でエクスポート」からは「PDF」に書き出せます。

f:id:apicode:20210720160632p:plain

 

対応フォーマットは

  • BMP
  • EPS
  • GIF
  • JPG
  • PNG
  • SVG
  • TIF

など。

 

JPGやPNGはもちろんのこと、SVGやPDFのエクスポートに対応しているのはいいですね。

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

利用規約・プライバシーポリシー |〇問い合わせ