Windows11の教科書

ウィンドウズ11やスマホで困ったことを調べたブログ

ウィンドウズ10やアプリで困ったことを調べたブログです。

スポンサーリンク


【VTuber向け】Live2DからAnimazeへ入れるまでの最短の作り方

画像をLive2Dで加工してAnimaze上で口が動くまでの一連の流れをまとめました。

公式チュートリアルや説明サイトだといろいろ作業が多くて途中よくわからないところもありました。

ただ単にAnimaze上で顔の動きに応じてパーツを動かすというぐらいなら、比較的少ない手間でいけましたので紹介しておきます。

Live2DからAnimazeで入れ

最近はユーチューブで、イラストや3Dモデルを動かして自分の代わりに出演させている人も多いです。

 

よく使われている技術の1つがLive2Dで、これによって顔の動かし方をプリセットしておけばAnimazeというソフトで顔の動きに応じてアバターを動かすことができます。

 

今回は3Dではなく2D画像をLive2Dで設定してからAnimazeで動かすところまで、最短で試せるように紹介していきます。

 

まだ使って2日目なのですが、とりあえずAnimazeで動かせました。

 

素材編

顔画像を作る

最初はPSD形式でレイヤーで顔のデータを作ります。

うちはフォトショップエレメンツで作成。レイヤー名に「目」などパーツ名をつけておくと、Live2Dに読み込んだ後わかりやすいです。

f:id:apicode:20210103144550p:plain

 

 

Live2Dエディター編

まずはLive2Dエディターをダウンロードしておきましょう。FREE版もあります。

Cubism Editor ダウンロード | Live2D Cubism

f:id:apicode:20210103151904p:plain

 

Live2Dに読み込み

Live2Dエディターに、作ったPSDファイルを読み込みます。

 

FREE版で、ファイル>ファイルを読み込むで先ほど作ったPSDファイルを選びます。

するとプロジェクトのところにパーツも表示されるようになります。

f:id:apicode:20210103144804p:plain

 

口を動かす

まずは口だけ動かします。

画面上で口を選択し、パラメータウィンドウで口の開閉を選びます。

f:id:apicode:20210103144947p:plain

 

ゲージが左側にある段階でクリックして緑色の+アイコンを押します。

f:id:apicode:20210103144951p:plain

 

また、右側にゲージを移動した段階で緑色の+アイコンを押します。

f:id:apicode:20210103145318p:plain

 

これで口の開閉のキーフレームを作ったことになります。

もう一度ゲージを左端に移動。

ゲージが左にあるときに、画面上の口を大きく開くように拡大します。

あとは左右にゲージを動かして、口が開閉する動きを確認しましょう。

f:id:apicode:20210103145415p:plain

 

この段階で「ファイル>組み込み用ファイルの書き出し>moc3ファイル」を選ぶと、「テクスチャアトラスを生成してから行ってください」と出てしまい、出力はまだできません。

 

テクスチャアトラス

「モデリング>テクスチャ編集>テクスチャアトラス編集」を選び、ダイアログでOKを押します。

f:id:apicode:20210103145656p:plain

 

するとテクスチャアトラス編集画面が開きます。見てわかるようにテクスチャアトラスとは2D用の素材を1まとめにしたもののことのようです。

今回は特に編集せず「OK」で閉じます。

f:id:apicode:20210103145728p:plain

 

ファイル出力

これで最低限のファイルができたので「ファイル>組み込み用ファイルの書き出し>moc3ファイル」を選ぶと、今度は出力設定がひらきます。

AnimazeではJSON形式のファイルをロードするので「ユーザデータファイル(Userdata3.json)を書き出す」にチェックが入っていることを確認してから{OK」で書きだします。 

f:id:apicode:20210103145843p:plain

 

 

Animaze編

Animazeを用意

Steamでアニメイズをあらかじめ入手。無料でダウンロードできます。

store.steampowered.com

 

Animazeを起動したら、自分が口を開けたらアバターも口が明くかどうか確認します。

合わない場合はカメラが移ってない、カメラが自分の顔をとっていない場合があるのでキャリブレーションしておきましょう。

f:id:apicode:20210103150252p:plain

 

Animazeにインポート

「インポート>Live2Dをインポート」を選び、作成されているJSONファイルを選択します。

f:id:apicode:20210103150534p:plain

 

後は自分の口をあけたら、アバターの口も開けばOKです。

 

インポートできない?

以下の動画によると画像は4096ピクセル以下にしていないと駄目なそうです。

www.youtube.com

 

追加作業は?

今回は動作確認優先で口だけ対応しました。

これで動くのが確認できれば、ほかのパーツも設定していって完成させていけばよいでしょう。

 

ほかのパーツ

目や眉など、Live2Dにはパーツごとのキーフレーム設定がパラメータから行えます。

f:id:apicode:20210103150959p:plain

 

より細かい変形の指定

またメッシュを割り当てることでよりきめ細かく図形の変形を設定できます。

Live2Dで「モデリング>テクスチャ>テクスチャの自動生成」

f:id:apicode:20210103151243p:plain

 

するとダイアログが起動。ここでたとえば「プリセット」を「標準」とすると、以下のように細かいグリッド分割がされます。すると、さらに微妙な変形の仕方を設定できることになります。

f:id:apicode:20210103151247p:plain

 

 

 

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

利用規約・プライバシーポリシー |〇問い合わせ