Windows11の教科書

ウィンドウズ11やスマホで困ったことを調べたブログ

ウィンドウズ10やアプリで困ったことを調べたブログです。

スポンサーリンク


【ビデオ会議】mmhmmの使い方は?不具合は?

オンラインビデオ会議の普及が急速に進みました。しかし実際に使ってみると便利な反面、その表現力が乏しいところに不満を持つ人も多いことでしょう。

「mmhmm」は新しいビデオ会議ソフトで、自分のオーバーラップや自分の大きさや位置を移動できるため、表現の幅を広げてくれます。

mmhmmって何?

mmhmmは新しいビデオ会議システムです。

 

ンーフー?と読むのでしょうか。ニュアンスとしては会話中で相槌としてよく使う擬音のことでしょう。

 

百聞は一見にしかずで以下の紹介ビデオを見ると、このソフトの良さがわかると思います。

www.youtube.com

 

人物の背景は常に合成され、人物の後ろに画像を表示できます。それこそ、ニュース番組などで使われているような見やすさを実現できます。

 

さらに面白いのが、自分のサイズを大きくしたり小さくしたりできる点です。また、自分を透過させることも可能。

 

これらは、話者を強調したい場合や、後ろのプレゼン資料を強調したい場合とで切り替えることができ、ビデオ会議としての表現力をアップしてくれるものです。

 

カメラドライバーとして動作するようなので、「ZOOM」「Teams」「Skype」などでも利用できるものと思われます。

 

公式サイトは以下。

もっと伝わるコミュニケーションを、すべての人へ | mmhmm

f:id:apicode:20210608144810p:plain

 

費用は?

無料版では、プレゼンテーションを共有、作成、録画できます。

プレミアムツールを毎日 60 分ご利用可能

 

 プレミアムは、917 円/月(年額プランの場合)です。

パワフルな個別スライドプリセット、カスタマイズされたルームなどで、いつでもプレゼンテーション。

 

mmhmmの使い方

ログイン

起動してアカウントを登録・ログインしましょう。

f:id:apicode:20210608145303p:plain

 

ログインするとこんな感じ。

f:id:apicode:20210608145431p:plain

 

カメラやルーム

カメラが映らない場合、右上のカメラをクリック。

プルダウンからカメラドライバーを切り替えて試してみましょう。

f:id:apicode:20210608145557p:plain

 

右側のRoomsで壁紙を切りかえできます。

f:id:apicode:20210608145434p:plain

 

プレゼンターを選ぶと、半透明にしたり、エフェクトでモザイクをかけたりもできます。

f:id:apicode:20210608150812p:plain

 

資料の共有

文字アイコンを押すと文章を設定できます。

f:id:apicode:20210608150259p:plain

 

入力した文章はこのように画面上に張り付けることができます。

f:id:apicode:20210608150301p:plain

 

また、PCで開いているウィンドウを共有することができます。

下にあるスクリーンシェアのアイコンを押すと、現在開いているウインドウを選択できます。

f:id:apicode:20210608150058p:plain

 

すると共有画面上にも出現します。

f:id:apicode:20210608150102p:plain

 

ほかにも、下にPDFやパワポを共有するアイコンがあるので、押してファイルを選びます。

f:id:apicode:20210608145848p:plain

 

選んだファイルは一度クラウドへアップされるようです。

コンバートが終わると、画面上に貼り付けされます。これは端っこをつまんで位置や大きさを変更することができます。

f:id:apicode:20210608145851p:plain

 

感想は?

いろんな画面を、さらにタブで切り替えるようになっています。

f:id:apicode:20210608150449p:plain

 

とかくオンラインのビデオ会議は、必要な資料をピックしたり、素早く必要なスライドへアクセスできるような使い勝手が求められます。

 

その点、mmhmmはPDFやパワポスライドなど素早く切り替えて利用するのに便利です。ZOOMやTeamsで、その辺の機能に不満がある場合は十分試してみていいかなと思います。

 

 

不具合

カメラが正常に動かない? 

一部のカメラドライバー、グラフィックドライバーでは動作が安定していないようです。

これについてはバグ修正を待ちましょう。

 

原因を調べるには?

メニューでHelp>Acitivity Logを実行します。

f:id:apicode:20210608150952p:plain

 

するとログファイルを見ることができます。

f:id:apicode:20210608150956p:plain

 

サポートと連絡を取る場合、必要に応じてこのログを送ると原因解明に役立つかもしれません。

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

利用規約・プライバシーポリシー |〇問い合わせ