Windows11の教科書

ウィンドウズ11やスマホで困ったことを調べたブログ

ウィンドウズ11やアプリで困ったことを調べたブログ

スポンサーリンク


【アウトルック】起動しない?起動が遅い?

アウトルック2016を起動して受信は無事できています。しかし、エラーが出てメールが開けない場合がありました。その対応のまとめです。

アウトルックが起動しない?

アウトルックが起動しない場合、あるいは処理中に停止してしまうなどの不具合がある場合、以下対処してみましょう。

 

起動しすぎ

起動しないので、スタートメニューで何度もアウトルックのアイコンをおしてしまったら以下のようなエラーとなりました。

エラーメッセージの内容は「インストールに問題があるので、再度インストールし直して」という感じですが、あきらかにアウトルックアイコンを押しすぎたせいでいしたので、起動するまでちょっと待ってみてもよいでしょう。

f:id:apicode:20181118161822j:plain

 

セーフモードで起動する

アドインなどを除外して起動できます。そのためアドインなどの問題で起動できないケースなどに有効です。

ウィンドウズ10の場合、「ファイル名を指定して実行」を選び、「outlook.exe /safe」と入力して実行させます。

 

起動できたら、アドインなどをはずし、また設定オプションを見直しておきましょう。

メールのファイルデータベースの修復もおすすめです。

 

キャッシュを削除

起動しない、あるいはセーフモードでも起動しない場合、キャッシュが破損している可能性もあります。

「C:\Users\あなたのユーザ名\AppData\Local\Microsoft\Outlook\あなたのメール名@yourdomain.ost」というファイルを削除します。

 

 

修復を行う

「コントロールパネル」より「プログラムと機能」を選びます。

「オフィス365」などを選び右クリックで「変更」を選びます。

f:id:apicode:20151213155451p:plain

 

クイック修復、またはオンライ修復を選び実行します。

f:id:apicode:20151213155504p:plain

 

アクセス権を確認する

アウトルックでは以前から「アクセス権」によるエラーが起きています。 

その場合、フォルダの読み取り権限を一度確認しておきましょう。

 

ファイルエクスプローラで「%appdata%\Microsoft」を開き、「outlook」フォルダを右クリックします。

f:id:apicode:20170522191645p:plain

 

「読み取り専用」のところが黒いぽっちがある場合は、ぽっちをクリックして「適用」を押します。すると以下のように フォルダ全体へ適用するか聞いてきますので「変更をこのフォルダー、サブフォルダーおよびファイルに適用する」のほうを選んでOKを押しましょう。

f:id:apicode:20170522191747p:plain

 

 

起動や動作が遅い場合は?

アウトルックは毎日使うソフトです。起動や動作が快適ではないと不便です。その場合には以下の設定を見直しましょう。

 

プレビューをオフにする

「表示タブ>閲覧ウィンドウ」をオフにすると、メールをクリックしたときにプレビューウィンドウをいちいち表示しないので便利です。

 

RSSをオフにする

もしRSSの取得がオンの場合、動作が遅くなるかもしれません。

詳細設定でRSSフィードをオフにしておきましょう。

f:id:apicode:20150901161034p:plain

 

リボンをオフにする

使わないリボンは非表示にしましょう。作業効率が上がります。

設定で「リボンのユーザ設定」から行えます。

 

不要なアドインをオフにする

不要なアドインをオフにすれば、その分起動が若干早くなります。

設定で「アドイン」を選び、指定します。

f:id:apicode:20150824195035p:plain

 

入れているアンチウィルスのAVGのアドイン以外はオフにしてみました。

そのあとメールを送ったりは出来ましたが、必要な機能があればもちろんオンにしておいてよいでしょう。

 

メールの送受信の不具合

サーバー接続に失敗する場合は?見れない?

サーバ障害によるエラーがごくまれに置きます。

 

この場合、PCへインストールしているアウトルックでは見れないが、Web版では見れるといったこともあるので試してみましょう。

おそらくメールデータの場所は一緒ながら、認証の経路が違うのではないかと思われます。

 

以下のようなサイトをチェックするとoutlook.comの状態を確認できます。

サービスの状態 (office.com)

f:id:apicode:20210512082511p:plain

 

メールサーバ認証の失敗

メールアカウントを登録すると、メールの送受信のためにメールサーバーへアクセスします。メールサーバの認証に失敗すると、メールの確認などは一切できなくなります。

 

IMAPサーバーに接続する場合にメールアカウントのパスワードにUnicode文字が含まれていると認証エラーとなるケースが起きているようです。

報告例では「ä」「ö」「ü」などが使用されているケースですが、それ以外のユニコードも影響が生じる可能性があります。

 

対策としては

  • Unicode文字を含まないパスワードに変更する
  • IMAP以外のプロトコルを使う
  • Outlook 2013を使う

などが挙げられます。

参考:

Outlook 2016、Unicode文字を含むパスワードでIMAPサーバーの認証に失敗する問題 | スラド IT

 

 

メールの受信が遅い?

メール受信が遅く感じる場合以下の2つのケースがあります。

 

受信チェック間隔が長い

送受信の実行する間の時間が長い場合です。

「オプション>詳細設定>送受信」で「送受信」ボタンを押します。

f:id:apicode:20170524101501p:plain

「次の時間ごとに自動的に送受信を実行する」とあるので、チェックして時間間隔を短めに設定します。

 

受信のレスポンスが遅い

受信状態になってから読み込みが完了するまでの時間が長い場合です。

この場合にはサーバの障害といったケースが考えられます。

 

また、受信が常時遅いという場合には、ウィルスソフトによるスキャンが長すぎるというケースが考えられます。

一度ウィルスソフトをオフにして動作が変化ないか確認してみましょう。

 

メールが送れない場合は?

アウトルックでは、Gメールの情報を登録して利用可能にできます。が、読み込みはできても送信に失敗するケースがあります。

 

そのような場合には、まずアカウント設定を開きます。

設定の下の方に「メール サーバーがセキュリティで保護されたパスワード認証 (SPA) に対応している場合には、チェックボックスをオンにしてください(Q)」という項目があるので、チェックをいれてみましょう。

 

メールが開けない場合は?

アウトルック2016で、メールは受信されています。

未読メールがならんでいて、クリックするとエラーになる場合があります。

 

「申し訳ございません。一時的な問題である可能性もありますが、問題が続く場合は、Outlookを再起動してください。

Windows Searchは終了しましたが、OUtlookデータファイルでは、c:\users\...\Documents\Outlook ファイル\outlook.psdが適切に閉じられませんでした。

 Microsoft Outlookを再起動する必要があります。

このエラーメッセージが再び表示された場合はWindows Searchのサポート担当者に問い合わせください。」

 

...というよくわからないメッセージでした。

f:id:apicode:20151024111857p:plain

 

 

しかし、メッセージで言われた通りアウトルックを終了し、再起動してみました。

で、未読メールをダブルクリックしてみると...今度は表示されました。

ということで、うちでは再起動だけで無事治りました。

f:id:apicode:20151024112226p:plain

 

それ以外の対応方法としては以下があげられます。

 

パッチをアンインストールする

アウトルックやウィンドウズのアップデートされた結果、アウトルックメールが開けなくなるという事態が起きる場合があります。

 

「MS15-115」などのパッチをアンインストールしたら読めるようになったという場合もあるようです。

とはいえ、個別のパッチを選んでアンインストールするのも大変です。これを機に、下にあるようにウェブメール版のアウトルックへ移行する方が楽かもしれません。

参考:http://japan.cnet.com/news/service/35073361/

 

メールボックスを整理してみる

「ファイル>メールボックスを整理する」を実行します。

古いアイテムなどを整理してみましょう。

 

メールでの表示の不具合

メールが文字化け?

受信メールを開き、「その他のアクション>エンコード>その他」から「日本語(シフト JIS)」や「UTF-8」への変換を試してみましょう。

別ウィンドウで開かないと?このアイコンが出てこないようです。通常のプレビューモードではなぜかでません。

f:id:apicode:20190718173539p:plain

 

メール内の画像が表示されない?

アウトルックでの画像の表示についてのまとめです。

 

画像を表示するよう設定する

通常セキュリティのために画像が表示されません。

f:id:apicode:20160512090540p:plain

「i」マークのところの「画像をダウンロードするには、ここをクリックします。」をクリック。

画像を表示するには「画像のダウンロード」を選びます。

f:id:apicode:20160512090628p:plain

 

すると画像が表示されるようになります。

f:id:apicode:20160512090735p:plain

 

 

毎回設定が面倒という場合は、毎回自動でダウンロードできるように設定できます。

まずは「自動ダウンロード設定を変更」を選びます。

f:id:apicode:20151215104136p:plain

 

「HTML、電子メールやRSSアイテム内の画像を自動的にダウンロードしない」のチェックをオフにすると、毎回自動的に表示します。

セキュリティ的にはおすすめしません。

f:id:apicode:20151215104224p:plain

 

以下のようにすると、信頼できる人・サイトからのみ表示し、それ以外は表示しないように設定しておくのがよいでしょう。

f:id:apicode:20151215104406p:plain

 

 

IEの設定を変更する

インターネットエクスプローラの設定が邪魔している場合があります。

 

オプションのダイアログを開き、「詳細設定」のタブへ移動。

「暗号化されたページをディスクに保存しない」がチェックされていたらはずして「適用」または「OK」を押します。

f:id:apicode:20151215103738p:plain

参考:Pictures Don't Display in Outlo

 

 

メール内のハイパーリンクが効かない?

メール内のハイパーリンクをクリックしても効かない場合があります。

そのときにはリンクを右クリックしてURLをコピー、ブラウザへペーストして移動するのが確実です。

f:id:apicode:20170430230655p:plain

 

小さくて見れない?

HTMLメールなどではレイアウトが凝っていて文字が見えにくい場合があります。

 

メールを別ウィンドウにすれば「ズーム」ボタンが利用できますので、大きい倍率で表示することができます。

f:id:apicode:20200827091208p:plain

 

 

 

 

エラー一覧

起動できませんでした

f:id:apicode:20210423084448p:plain

このエラーが起きた後でも「いいえ」で進んでアウトルックの起動と利用ができる場合もありました。

 

できない場合は、outlook.comのほうで確認してみるとよいでしょう。

 

Outlookを閉じています?

f:id:apicode:20210513162152p:plain

タスクバーのアイコンを確認すると「Outlookを閉じています」のまま止まってしまっている場合がありました。

 

タスクマネージャーを起動すると、「プロセス」タブで「Outlook」があります。右クリックメニューから「タスクの終了」を実行すると終了できます。

f:id:apicode:20210513162335p:plain

 

 

エラーコード一覧

0x800CCC0D

サーバーが見つからない場合のエラー。

メールサーバの設定が正しいか今一度確認してみましょう。

 

0x800CCC13

送信時に上記エラーが出る場合があります。

現在はバグフィックスされているため、PCやソフトを最新版にしておけば問題ないようです。

アウトルックを最新版に更新します。また、ウィンドウズ自体に破損がないかコマンドプロンプトより「sfc /scannow」を実行しておきましょう。

 

0X800ccc0F

「購読フォルダーを同期できません」とするエラー。

複数の原因が考えられますが、

・ネットの接続の確認(場合によってはWiFiの再起動など)

・アンチウィルス等をオフにする

・アカウント設定(パスワード)などが正しいか再確認する

...などが基本的な対策です。

 

また、ウェブの「outlook.com」でメールの送受信を確認するのも1つの方法だと思います。そちらでつながるようであればメールサーバ自体は障害なく稼働していることがわかります。

 

0x800CCC19

サーバとの接続がタイムアウトした場合のエラー。

 

0x800CCC80

サーバがサポートしていない認証方式。

 

0x80042108、0x80042109、0x8004210B

メールの受信や送信に失敗してしまうエラー。

 

サーバ障害の場合

メールサーバへの接続がうまくいっていない可能性があります。

普段は接続で問題がない場合には、サーバのほうで一時的なエラーになっていることが考えられます。

時間をおいてから再度試してみるのが一般的です。

 

アンチウィルスソフトの場合

アンチウィルスソフトやファイアウォールによって送受信がブロックされてしまう場合があります。

アンチウィルスソフトの実行を一時停止したうえでアウトルックでのメールの送受信を試してみましょう。

 

アカウントの再設定

メールサーバなどの情報が正しくないためにエラーになっている場合、正しい情報を設定しなおさないとこのエラーは治らないでしょう。

 

アウトルックの設定例をネットで探してみるのもおすすめです。 

 

IPv6の影響

IPv6利用時にアウトルックでエラーが出る場合が報告されています。

 

対策としては「コンパネ>ネットワークと共有センター」を選択。


「アクティブなネットワークの表示>ローカル エリア接続」をクリックし、[プロパティ] を選択。


「ネットワーク」タブで、「インターネット プロトコル バージョン 6 (Tcp/ipv6) 」のチェックをオフにします。

参考:https://support.microsoft.com/ja-jp/help/3134780/outlook-displays-a-disconnected-status-when-ipv6-is-enabled

 

0x80070002

メールアカウントの追加時に起きるエラー。

メールアカウントとして入力した情報が正しいか今一度確認してみましょう。

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

利用規約・プライバシーポリシー |〇問い合わせ