Windows11の教科書

ウィンドウズ11やスマホ・アプリで困ったことを調べたブログ

ウィンドウズ10やアプリで困ったことを調べたブログです。

スポンサーリンク


【Power Automate Desktop】レコーダーとは?

Power Automate Desktopにはレコーダーと呼ばれる機能があります。

これは実際の操作を行ったものを記録しておき、自動で繰り返しできるようにするものです。

レコーダーとは?

Tape Recorder 01

レコーダーを使うと、実際に操作したアクションをそのまま定型パターンとして記録できます。

 

これなら、PADでいちいち制御のフローを作ったりしなくてもいいのでらくちんかもしれません。

 

レコーダーの使い方

デスクトップレコーダー

「ツール>デスクトップレコーダー」を選びます。

あとは「記録の開始」を押します。

f:id:apicode:20210308155028p:plain

 

特定のアプリを起動する、特定のボタンを押す、文字を入力する...といった行動が逐次記録されます。レコーダーを終了すると、記録した操作がフローのほうに反映されます。

f:id:apicode:20210308155035p:plain

 

これによって、特定のソフト起動して特定のボタンを押すだけ...といった操作自体もフローにして自動化させることができます。

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

利用規約・プライバシーポリシー |〇問い合わせ