Windows11の教科書

ウィンドウズ11やスマホ・アプリで困ったことを調べたブログ

ウィンドウズ10やアプリで困ったことを調べたブログです。

スポンサーリンク


【Power Apps】ボタンの使い方・コマンドの書き方

Power Appsでは、ボタンを押した場合の記述などをエクセルのような感じで記述していくことができます。

Power Apps、ボタンの使い方

The Button

空白のキャンバスアプリを作ります。

 

ボタンを挿入するには、左のぱねるから「+」アイコンを押して、ボタンを選択します。

 

あとはキャンバス上にボタンができるので、位置やサイズを変更しましょう。

その際「Button1」などの名前は自動的に付けられます。

f:id:apicode:20210408155914p:plain

 

ボタンの名前、サイズ、色などは、ボタンのプロパティから変更できます。

f:id:apicode:20210408160033p:plain

 

 

ボタンにコマンドを書く

動作確認用にボタン「Button1」、テキスト入力「TextInpu1」「TextInpu2」を作っておきます。

f:id:apicode:20210408153951p:plain

 

ボタンの動作を書くには、ボタンを選択した状態で「アクション」タブにして入力欄に記入するか、ボタンの「詳細設定」から入力します。

f:id:apicode:20210408154134p:plain

 

通知する

もっともシンプルな命令「Notify」を使って

Notify( "Hello World" )

と入力欄に記述します。

 

すると、「詳細設定」欄にも自動的に反映されます。
f:id:apicode:20210408154302p:plain

 

このアプリを起動後、ボタンを押すと「Hello World」とという文字が通知されれば動作確認完了です。

f:id:apicode:20210408154432p:plain

 

画面を推移する

Screen1、Screen2など複数のスクリーンを作ったら、ボタンで移動できるようにしましょう。

ボタンに

Navigate(Screen2)

のように「Navigate」関数と、移動するスクリーン名を書きます。

f:id:apicode:20210408154633p:plain

 

アプリ実行後にボタンを押すと、指定した画面へ推移します。

 

他のボタンのアクションを実行

ボタンを2つ作っておきます。

「Select」を使ってボタン名を指定すると、そのボタンのOnSelectに記述されている動作を実行することができます。

Select(Button2)

 

f:id:apicode:20210408155513p:plain

 

 

変数を初期化する

「Set」文を使って変数を初期化することができます。

Set( Counter, 1 )

 

PowerAppsの使い方はこちら。

www.kyoukasho.net

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

利用規約・プライバシーポリシー |〇問い合わせ