Windows11の教科書

ウィンドウズ11やスマホで困ったことを調べたブログ

ウィンドウズ11やアプリで困ったことを調べたブログ

スポンサーリンク


【Power Apps】アプリ作成の練習:BMIの計算

Power Appsの簡単な練習をしていきましょう。

数値を入れて見積もりを作ったりという場合もあると思いますが、今回は身長と体重をいれてBMIを計算します。

BMIの計算

How to diet...

部品の配置

空白アプリを作成し、以下のように作ります。

体重を入れるテキスト入力(TextInput1)、身長を入れるテキスト入力(TextInput2)、計算結果を出力するテキストラベル(TextLabel4)があればOKです。

f:id:apicode:20210408171611p:plain

 

計算式の入力

BMIとは肥満度を計測するための数値となります。

 

計算式は、

体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

です。

 

22ぐらいが適正値とされています。

 

 

Label4のTextで

"BMIは" & (TextInput1.Text/(TextInput2.Text/100)/(TextInput2.Text/100))

と指示します。

f:id:apicode:20210408172337p:plain

 

実行して動作を確認してみましょう。

体重や身長の数値を変更すると、BMI値も自動的に再計算されます。

 

f:id:apicode:20210408172405p:plain

 

身長や体重のところが空欄だったり、数字以外の文字だと計算部分が自動的にスキップされます。この辺りは使いやすいですね。

f:id:apicode:20210408172508p:plain



改良する

上記で計算すると、小数点が出ますので四捨五入してすっきりさせましょう。

Round関数(対象、桁数)を使うと四捨五入できます。

"BMIは" & Round(TextInput1.Text/(TextInput2.Text/100)/(TextInput2.Text/100),0)

 

f:id:apicode:20210408172801p:plain

 

これで実行するとBMIは小数点はでなくなります。

f:id:apicode:20210408172902p:plain

 

 

PowerAppsの使い方はこちら。

www.kyoukasho.net

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

利用規約・プライバシーポリシー |〇問い合わせ