Windows11の教科書

ウィンドウズ11やスマホで困ったことを調べたブログ

ウィンドウズ11やアプリで困ったことを調べたブログ

スポンサーリンク


【Power Apps】データ・テーブルとは?追加や編集をするには?

Power Appsが強力な理由の1つは、データの管理もしやすいように設計されているところです。ここではデータの扱いについてまとめていきます。

データ・テーブルとは?

Data

powerapps.comでサイドバーから「データ>テーブル」でテーブルが確認できます。

テーブルは一種のデータベースで、Power Appsからアクセスして利用できます。

f:id:apicode:20210413144721p:plain

 

テーブルの確認

既にいくつかのテーブルがテンプレートとして既に入っています。

 

試しに「取引先企業」というのをクリック。すると、テーブルの内容をチェックできます。「列」タブでどんな列があるかがわかります。「データ」タブを見るとまだレコードは1件も入っていません。

f:id:apicode:20210413144920p:plain

 

データの追加

ブラウザ上でレコードを追加する

ブラウザ上でデータを追加することができます。

テーブルを選んだあと「レコードの追加」を実行。

f:id:apicode:20210413152741p:plain

 

すると入力用フォームが開くのでデータを入れます。「上書き保存」または「保存して閉じる」を実行します。

f:id:apicode:20210413152751p:plain

 

閉じた後は、「データの更新」をすることで最新データを確認できます。

「データ」タブでレコード一覧が確認できるはずです。

f:id:apicode:20210413152936p:plain

 

 

エクセルで読み込んでからデータを追加する

編集するには「データ>Excelでデータを編集」をするとエクセルファイルがまずダウンロードされます。

f:id:apicode:20210413145813p:plain

 

エクセルで開くと以下のようになります。

編集を継続するには「編集を有効にする」をクリックしましょう。

f:id:apicode:20210413145903p:plain

 

データの追加は普通にできますが、アドインがあれば、選択した列の値の候補なども連動して表示されるので編集しやすいです。

アドインについては以下参照ください。

【エクセル】Power Apps オフィスアドインを使うには? - アプリの教科書

f:id:apicode:20210413151819p:plain

 

エクセルでデータを追加したら、Power Appsアドインで「公開」を選びます。

f:id:apicode:20210413153810p:plain

 

サイトのほうで「データの更新」を実行すると「データ」タブで編集・追加されたレコードを確認できます。 

f:id:apicode:20210413153839p:plain

 

 

テーブルの新規作成

手動でテーブル自体を新規に登録することもできます。

「データ>テーブル」で「新しいテーブル」を押します。

f:id:apicode:20210409105032p:plain

 

名前を付けてテーブルを作ります。

f:id:apicode:20210409105111p:plain

 

テーブルができたら列を追加したりしてカスタマイズしましょう。

f:id:apicode:20210409105304p:plain

 

例えば日付なら表示名「日付」名前「cr20e_day」データ型「日時」を選んで実行します。

f:id:apicode:20210409105417p:plain

 

選択肢の新規作成

選択肢は、データのフォーマットを作るものです。

例えば企業の種類を選ばせるときに「公開」「非公開」と2択に限定させることができます。

f:id:apicode:20210413164216p:plain

 

例えば「Facebookアクセス」という項目を見てみると「はい」「いいえ」の2択となっています。

f:id:apicode:20210413164218p:plain

 

独自に選択フォーマットを作るには、まず「新しい選択」を実行。

f:id:apicode:20210413164516p:plain

 

名前や表示するオプションを指定していきます。

f:id:apicode:20210413164520p:plain

 

 

アプリからテーブルを使う

データテーブルを使う

Power Appsのサイト上で作ったテーブルは、アプリ内からも接続できます。

「データテーブル」という部品があるので、そのままアプリにうめこみます。 

www.kyoukasho.net

 

データテーブルう埋め込んだら、「エンティティ> 取引先企業」のようにデータにあったテーブルを指定することができます。

f:id:apicode:20210413163914p:plain

 

すると、テーブルオブジェクトにデータが反映されました。

f:id:apicode:20210413163918p:plain


 

アプリ内でのテーブルの作成

アプリ内で、エクセルファイルをデータとして登録。テーブルとして使用することができます。

f:id:apicode:20210412144804p:plain

 

テーブルは、リストボックスなどのデータ表示用にも利用可能です。

 

アプリ内からエクセルファイルをテーブルとして登録できます。 

www.kyoukasho.net

 

登録したテーブルは、データテーブルというオブジェクトしてアプリ内に埋め込んだりすることもできます。

www.kyoukasho.net

 

コレクションとして使う

アプリはコレクションという仕組みが提供されています。

コレクションを使うと、ローカルデバイスへデータを保存しておくことが簡単にできます。

 

コレクションではテーブル型のデータを登録できますので、よく使うテーブルをコレクションとして活用するのがおすすめです。

 

テーブルの操作  

テーブルは、関数を使って操作することもできます。

コードのサンプルについては以下参照ください。  

www.kyoukasho.net

 

 

データ・テーブルの不具合

テーブルが作成できない

エクセルファイルを使ってテーブルを作る場合、先にエクセルファイル内で利用する範囲を「テーブル」化しておく必要があります。エクセル上で「テーブルとして書式設定」を指定しておきましょう。

f:id:apicode:20210412145711p:plain

 

PowerAppsの使い方はこちら。

www.kyoukasho.net

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

利用規約・プライバシーポリシー |〇問い合わせ