Windows11の教科書

ウィンドウズ11やスマホ・アプリで困ったことを調べたブログ

ウィンドウズ10やアプリで困ったことを調べたブログです。

スポンサーリンク


【Power Apps】エクセルからアプリを作るには?

PowerAppsは、ノーコードでもアプリが作れます。そのいい例がエクセルファイルをアップするだけでデータを参照するアプリが作れる機能です。

エクセルからアプリを作るには?

diy

PowerAppsの特徴の1つがノーコード、ローコードです。

つまりプログラミング言語を意識せずにアプリをつくれます。

 

そのいい例が「接続」を使ったアプリづくりで、例えばエクセルファイルを指定するだけでアプリが作れます。

 

ファイルを接続する

既存のファイルをデータとして接続できます。

「データ>接続>新しい接続」でOne Driveを選びます。

f:id:apicode:20210409110722p:plain

 

ワンドライブにつながったらエクセルファイルを選択しましょう。

f:id:apicode:20210409110716p:plain

 

ただしエクセルファイルを選んでも「テーブルがない」といわれてしまいます。

f:id:apicode:20210409110848p:plain

 

エクセルを接続するには、エクセル内でテーブルを宣言しておく必要があります。

f:id:apicode:20210409111033p:plain

 

するとテーブルがPowerApps上で選べるようになるので「接続」します。

f:id:apicode:20210409111202p:plain

 

するともうデータを参照するアプリが自動で作られます。

作り方に慣れれば、エクセルファイルだけでそれっぽいアプリが作れそうです。

f:id:apicode:20210409111432p:plain

 

 

 

PowerAppsの使い方はこちら。

www.kyoukasho.net

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

利用規約・プライバシーポリシー |〇問い合わせ