Windows11の教科書

ウィンドウズ11やスマホで困ったことを調べたブログ

ウィンドウズ11やアプリで困ったことを調べたブログ

スポンサーリンク


【Power Apps】エクセルのファイルをデータ・テーブルとして使うには?

Power Appsでは、ワンドライブにあるエクセルのファイルをテーブルとして指定することができます。すると、リストボックスやグラフなどのデータとして利用することができます。

Power Appsでエクセルのファイルをデータ・テーブルとして使うには?

ワンドライブにアップしたエクセルファイルのデータを利用することができます。

 

エクセルファイルの準備

エクセルファイルでは、範囲を指定しておいて「テーブル」化しておく必要があります。

f:id:apicode:20210412145711p:plain

 

データの接続

まずデータアイコンで「データの追加」を実行します。

f:id:apicode:20210412144804p:plain

 

「コネクタ」というところに「ワンドライブ」があります。ここから使っているワンドラへアクセスします。

f:id:apicode:20210412145358p:plain

 

するとサイドバーでファイル選択が出るのでエクセルファイルを指定。

f:id:apicode:20210412145409p:plain

 

するとテーブルが選べるようになるので、チェックして接続します。

f:id:apicode:20210412145412p:plain

 

これで「データ」アイコンのところに項目が出てきます。

f:id:apicode:20210412145416p:plain

 

データ項目の利用

あとはリストボックスなどでデータのソースとして指定。

f:id:apicode:20210412145419p:plain

 

するとテーブルの情報がリストの項目として活用されたりします。

f:id:apicode:20210412145423p:plain

 

 

データの不具合

データが古い?

データが正しく出ない場合は、データを選んで「最新の情報に更新」してみましょう。

f:id:apicode:20210412145912p:plain

 

 

Power Appsではデータやテーブルの管理がちょっとわかりにくかったです。アプリの作成には欠かせませんので、しっかり理解しておきましょう。  

www.kyoukasho.net

 

 

 

PowerAppsの使い方はこちら。

www.kyoukasho.net

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

利用規約・プライバシーポリシー |〇問い合わせ