Windows11の教科書

ウィンドウズ11やスマホで困ったことを調べたブログ

ウィンドウズ11やアプリで困ったことを調べたブログ

スポンサーリンク


【Power Apps】グラフを追加するには?エクセルファイルと連動させるには?

Power Appsでは、グラフを追加するのは非常に簡単です。エクセルファイルと連結できるので、使い勝手が非常にいいです。

Power Appsでグラフの使い方

グラフ表示が簡単というのはPowerAppsの大きな特徴の1つといってよいでしょう。

 

グラフを追加する

「挿入」タブの「グラフ」から種類を選んで配置します。

f:id:apicode:20210410110646p:plain

 

この段階では棒グラフのサンプルが表示されます。

f:id:apicode:20210410110814p:plain

 

タイトルなどは直接編集できます。

f:id:apicode:20210410111308p:plain

 

エクセルのファイルと連携させる

データをまだ接続していない場合には、左のデータアイコンで「データの追加」を実行。

f:id:apicode:20210410125149p:plain



 

いろいろ選択肢が出ますが、最初はワンドライブを指定してワンドラ内のファイルとつなげるのが簡単なのでおすすめです。

f:id:apicode:20210410111505p:plain

 

ワンドライブを選び、そのなかにあるエクセルファイルを指定します。

f:id:apicode:20210410111628p:plain

 

エクセルファイルを選択し、その中にテーブルがあればチェックして接続します。

エクセルファイルがあってもテーブルが指定されていないと利用できませんので注意しましょう。

f:id:apicode:20210410124833p:plain

 

あとは先に挿入したグラフの中のグラフ部分をクリックして選択。

f:id:apicode:20210410124730p:plain

 

するとプロパティに「項目」というところがあります。

プルダウンから先ほど選んだテーブルがあれば選択します。これでテーブルのデータがグラフに反映されます。

f:id:apicode:20210410125256p:plain

 

グラフの軸の項目を変更

データと接続するだけでグラフに数値が反映されます。

しかしこちらの意図通り行かない場合があります。

以下は検査数のデータですが、日付のほうが折れ線の数値となっています。

そこでグラフを選んで「詳細設定」の「データ」のところにある「Labels」や「Series1」の項目を変更します。

f:id:apicode:20210410145757p:plain

 

日付と検査数のデータを入れ替えたら、グラフのほうに無事反映されました。

f:id:apicode:20210410145801p:plain

 

 

グラフの種類

折れ線グラフ

「売り上げ推移」や「株価」の推移など、時系列で直感的に変化がわかるグラフです。

f:id:apicode:20210410110931p:plain

 

円グラフ

パイチャートとも呼ばれ、シェアの大小がすぐ把握できるグラフです。

f:id:apicode:20210410111108p:plain

棒グラフ

「売り上げの推移」「地域別比較」などの場合に便利なグラフです。

f:id:apicode:20210410110814p:plain

 

PowerBIタイル 

PowerBIのほうで設定しているデータのグラフを貼ることができます。

 

 

 

PowerAppsの使い方はこちら。

www.kyoukasho.net

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

利用規約・プライバシーポリシー |〇問い合わせ