Windows11の教科書

ウィンドウズ11やスマホ・アプリで困ったことを調べたブログ

ウィンドウズ10やアプリで困ったことを調べたブログです。

スポンサーリンク


【Power Apps】ペン入力を使うには?参照するには?

PowerAppsで使えるいろんなコンポーネントのうち、ペン入力を紹介します。

これがあれば、メモ書きアプリやサインをしてもらうフォームアプリなどに便利です。

ペン入力を使うには?

pen

 

ペン入力は、スマホやタブレットで指でドローイングできるというものです。これがあれば、契約書アプリでサインをユーザにしてもらったり、メモ書きアプリで手書きメモも残せる...といったものが簡単に作れます。

 

挿入

「挿入」タブの「テキスト>ペン入力」でペン入力用コントロールを挿入します。

f:id:apicode:20210410150628p:plain



実行するとペンで描くことができます。

これなら契約書でお客さんにサインしてもらう...といったときに使えそうです。

f:id:apicode:20210410150546p:plain

 

参照

ペン入力で描かれた画像にアクセスするには「Image」プロパティを使います。

 

例えば画像メディアをアプリに挿入。画像の「Image」に「PenInput1.Image」を指定すると、ペン入力で描かれている画像がすぐ反映されます。

f:id:apicode:20210411213302p:plain

 

 

 

PowerAppsの使い方はこちら。

www.kyoukasho.net

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

利用規約・プライバシーポリシー |〇問い合わせ