Windows11の教科書

ウィンドウズ11やスマホ・アプリで困ったことを調べたブログ

ウィンドウズ10やアプリで困ったことを調べたブログです。

スポンサーリンク


【Power Apps】図形を追加するには?グループ化しても一緒に動かない?

Power Appsのキャンバス画面に図形を追加する方法やTIPSを紹介します。

Power Appsに図形を追加するには?

「+」アイコンを押して挿入から「図形」の個所に、図形用のパーツが収められています。

f:id:apicode:20210410093237p:plain

 

図形やアイコンなど実用的なデータが多いです。

f:id:apicode:20210517183506p:plain

 

色を変更する

設置後はマウスでサイズや位置を調整できます。

隣のプロパティから位置、サイズ、カラー、線種などを変更できます。

f:id:apicode:20210410093330p:plain

 

色と罫線は別々の色にすることができます。

f:id:apicode:20210410093714p:plain

 

ホバー時など、インタラクションに応じた色変更もできます。

ホバーでは「HoverFill」を「RGBA(100,100,0,1)」などに指定します。

f:id:apicode:20210517183731p:plain

 

スクリプトを書く

図形を選び、詳細設定のアクションのところから動作を指定することができます。

f:id:apicode:20210410093802p:plain

 

Screen2の画面へ移動する「Navigate(Screen2)」というコードを書いて実行。

図形を押して画面その2へ移動するのが確認できると思います。

f:id:apicode:20210410093908p:plain

 

グループ化

図形をひとまとめにするには、シフトキーを押しながら複数の図形を選択。

f:id:apicode:20210410094237p:plain

 

「コントロール+G」でグループ化できます。

f:id:apicode:20210410094239p:plain

 

通常のペイントソフトでは一度グループにすると、どこを押しても一緒に動くはずですがPower Appsではグループ化しても1つの図形しか移動しません。

f:id:apicode:20210410094523p:plain

 

グループになっている枠線上で、カーソルが移動用のアイコンになったときにマウスドラッグを開始すると一緒に動きます。

f:id:apicode:20210410094526p:plain



 

 

PowerAppsの使い方はこちら。

www.kyoukasho.net

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

利用規約・プライバシーポリシー |〇問い合わせ