Windows11の教科書

ウィンドウズ11やスマホで困ったことを調べたブログ

ウィンドウズ10やアプリで困ったことを調べたブログです。

スポンサーリンク


【Visual Studio】Pythonの書き方 関数や変数、コメントアウトなど

Visual Studio 2019でPythonを使う場合の基本的な書き方についてまとめていきます。

普段からVisualC、PHP、JavaScriptなど複数言語を使っているとたまにこんがらがってよくわからなくなるので、ここでは関数の書き方やコメントアウトなどを中心に書いておきます。

ただVisual Studio版でもあっても、PythonはPythonなので書き方は一緒です。

基本的な書き方

Grammar

変数を書く

Visual Cなどと違って、変数の種類を指定しなくてもすぐ使えます。

temp=1
tempword="1"

 

数字から文字にするにはStr関数を使います。

tempword = str(temp)

 

文字から数字にするにはint関数を使います。float関数もあります。

tempword = "11"
temp = int(tempword)

 

どんな型の変数化調べるにはtype関数を使います。

dat = "<div>oswwsk</div><div>ossk</div>"
print("type=" + str(type(dat)))

 

出力

print文で文字を表示できます。

print('hi')

 

配列もそのままprint文で使えます。

dat = ["a","b","c"]
print(dat)

 

変数がある場合には整数は%d, 文字列は%sなどを使って文を作ります。

a = 10
print('A:%d' % a)

 

複数の変数を使って1文作る場合は以下のようになります。

b = 11
c = "12"
print('b:%d,c:%d' % (b,c))

 

「+」で変数を連結できますが、数値の場合は「str」関数で文字扱いに一度直しましょう。

b = 11
c = "12"
print('b=' + str(b) + ',c=' + c)

 

コメントアウト

1行まるまるコメントアウトするには文頭に#をつけます。

#print('temp:%d' % tempdata)

 

複数行コメントアウトするには、コメントアウトしたいブロックを「'''」または「"""」で囲みます。

Visual Studioのエディターでは、コメントアウトした個所は「-」ボタンを押すことで隠せるので使いやすいです。 

f:id:apicode:20201205103521p:plain

 

実際にやってみると以下のようになります。再表示させるには「+」を押してください。

f:id:apicode:20201205103631p:plain

 

IF文

PythonはIF文は{}でくくらなくても利用できます。「:」をIFやelseの行末におき、処理の部分は文頭を下げて書きます。

temp = 2
if((temp % 2) == 0):
 print('偶数')
else:
 print('奇数')

 

 ループ文

こちらにまとめました。

【Visual Studio 2019】Pythonの書き方 ループ文、ループ中のウェイトやゲージ表示 - 困ったー

 

try文

ptyhonでも「try~except」という記述が利用できます。

try文を使うとエラーが出た場合の対処を記述できるようになります。

 

try:
 mycell = pd.read_excel(myfile,sheet_name="Sheet1")
 mycell.info()

except Exception as e:
 print(e)

 

 

関数を書く

関数をつくる

関数は以下のように「def」を使って書くことができます。

returnを使って処理後の値を返すことができます。

 

def test(x,y):
 return x+y

 

PHPなどでは下に書いてもいいのですが、Pythonだと駄目なようです。

先に関数の定義をしておいてから、利用しましょう。

def test(x,y):
 return x+y

val = test(1,2)
print('答え:%d' % val)

 

グローバル変数

関数を使う場合、グローバル変数の扱いについて知っておかないとイメージ通りの措置になりません。

関数内でも関数外の変数名を使うと参照はできます。以下の結果は「答え10」となります。

def test(x,y):
 return tempdata + x + y

tempdata = 10
val = test(1,2)
print('答え:%d' % val)

 

ただし関数内で代入してもグローバル変数には反映されていません。以下の場合関数内で「tempdata」を書き換えていますが、その後のprintでは元の数字が出力されます。

def test(x,y):
tempdata=1
 return tempdata + x + y

tempdata = 10
val = test(1,2)
print('答え:%d' % val)
print('temp:%d' % tempdata)

 

関数外の変数を関数内で書き換える場合、関数内でglobalをつけて宣言しておきます。

def test(x,y):
  global tempdata
  tempdata=1
  return tempdata + x + y

tempdata = 10
val = test(1,2)
print('答え:%d' % val)
print('temp:%d' % tempdata)

 

 

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

利用規約・プライバシーポリシー |〇問い合わせ