Windows11の教科書

ウィンドウズ11やスマホ・アプリで困ったことを調べたブログ

ウィンドウズ10やアプリで困ったことを調べたブログです。

スポンサーリンク


【Visual Studio】PIPをインストールするには?失敗した場合は?

Visual StudioのPythonでもPIPによるライブラリのインストールができます。

ライブラリのインポート(PIP)を行う

Baby girl holding beautiful Christmas gift. Closeup

Pythonの便利な使い方のひとつが「pip install」です。

「pip install ほにゃらら」とコマンドを打つだけで利用に必要なライブラリを一気にインストールしてくれます。

 

Visual Studioではpipはすでに入っているため、以下の手順でライブラリを使えるようにすればOKです。

 

まず「ツール>Python>Python環境」を実行。

f:id:apicode:20190627165052p:plain

 

プルダウンを「パッケージ」にして、インポートしたいライブラリ名を入れて実行します。

f:id:apicode:20190627165053p:plain

 

うちでは以下のダイアログがでましたが「今すぐ昇格」を選べばいいようです。

f:id:apicode:20190627165056p:plain

 

すると出力ウィンドウに結果が出力。「正常にインストールできました」とでれば無事取り込めたことがわかります。

f:id:apicode:20190627165059p:plain

 

インストールできない?

インストールできない場合はエラー原因がログに出るので、それを参考にして対処を考えましょう。

 

upgrade

PIPを利用する場合のコマンドがどうやらバージョン外のせいでうまくいかなかったようなエラーです。

 

You should consider upgrading via the 'C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio\Shared\Python37_64\python.exe -m pip install --upgrade pip' command. 

 

 

f:id:apicode:20210404153354p:plain

 

この場合、以下のようなコマンドの実行が推奨されていますので、指示通りコマンドプロンプトのほうから命令を実行してみましょう。

C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio\Shared\Python37_64\python.exe -m pip install --upgrade pip

 

アップグレードできたので、少なくともこれで失敗の1つの理由は消せるのではないかと思います。

f:id:apicode:20210404154050p:plain

 

 

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

利用規約・プライバシーポリシー |〇問い合わせ