AIで稼ぐ教科書

ChatGPT, Stable Diffusion, Visual Studio, Excelなど教科書

【Stable Diffusion】Google Colabでの使い方 ImportError? 費用はいくらかかる?

Stable Diffusionはオープンなので、自分の機種に取り込んで動かすことができます。

ただ自機の場合、ある程度メモリを積んだnVidiaのグラボが必須。そうでないと動きません。時期で使えない場合は、クラウド上でGPUを提供するGoogle Colabで動作を試すという方法がおすすめです。

Stable DiffusionをGoogle Colabで動かす

クラウド上でGoogle Colab上のPythonで動かすことができます。

自機でStable Diffusionを試せない場合は、この方法で試すのがおすすめです。

 

 

やり方その1

まずはこちらのページを参考にインストールに挑戦です。

gammasoft.jp

 

 

やっていくとインポートエラーがおきました。

ImportError: cannot import name 'rank_zero_only' from 'pytorch_lightning.utilities.distributed' (/usr/local/lib/python3.7/dist-packages/pytorch_lightning/utilities/distributed.py)

 

プログラムの修正の参考はこちら。

ImportError: cannot import name 'rank_zero_only' from 'pytorch_lightning.utilities.distributed' · Discussion #4111 · AUTOMATIC1111/stable-diffusion-webui · GitHub

 

ただ色々インポートエラーがでるので、この方法では頓挫しました。

 

 

やり方その2

こちらもGoogle ColabでStable Diffusionさせます。

ランタイムは「ランタイム>ランタイムのタイプを変更」から、GPUに変更してから実行しましょう。

aiacademy.jp

 

うちではこちらのほうが無事動作しました。レンダリングはおもったより早くて画像2枚で1分ぐらいで生成されました。

 

 

費用

Google Colabでいくらかかる?

Stable DiffusionをGoogle Colab上で利用するには、ハードウェアアクセラレータでGPUに設定します。

 

その場合、有料サービスを使う必要があります。

 

月額制もありますが、使い切りでは「Pay As You Go」課金が可能です。

これは一定単位を購入するというもので、今回は「100コンピューティング単位」を購入してみました。1000円ちょいぐらいです。

 

購入時にはクレジットカードを登録する必要があります。

 

費用は、利用リソースの消費具合はColabの右側のサブメニューから「リソースを表示」を選択。

 

すると100コンピューティングユニットのうち、約0.25減って99.75になっていました。



Google Colabを試すぐらいであれば、まずは「Pay As You Go」課金で「100コンピューティング単位」を購入して試すとよいでしょう。

 

なお、この購入は90日でリセットされます。

 

使わなくても90日後にはなくなるので早めに使い切りましょう。

 

 

 

AI自動生成サービス一覧はこちら。

www.kyoukasho.net

 

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

プライバシーポリシー |〇利用規約 |〇問い合わせ