Windows11の教科書

ウィンドウズ11やスマホで困ったことを調べたブログ

【Sharepoint】Power Appsを埋め込む

SharepointのサイトにPower Appsを埋め込む方法です。

SharepointにPower Appsを埋め込む

Power Appsというとアプリから見るというイメージがありますが、SharePoint内の1コンテンツとして埋め込むことができます。

 

あらかじめPowerAppsでアプリを作っておきます。

 

SharePointのページを編集。

要素を追加する「+」ボタンからPowerAppsを選びます。

 

サイドバーに設定がでるので、PowerAppsのリンクを入れます。

 

 

リンクはPowerAppsで作ったアプリの「詳細」のところにリンクがあります。

 

すると無事入りました。

 

 

メリットは?

PowerAppsに慣れていれば、そこでアプリを作れるので楽です。

 

またPowerAppsでは、データベースとしてSharePointのリスト機能を指定できます。データはSharePoint内から管理できるので、ハンドリングが非常にしやすいです。

 

デメリットは?

iframeなのでサイズ設定は一工夫いりそうです。

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

利用規約・プライバシーポリシー |〇問い合わせ