Windows11の教科書.net

ウィンドウズ11やスマホで困ったことを調べたブログ

ウィンドウズ11やアプリで困ったことを調べたブログ

スポンサーリンク


【マイクロソフトストア】アプリが購入できない場合の対処は?

ウィンドウズのアプリを探す・入手するのに便利なのがマイクロソフトストアです。

ただアプリがエラーで購入できない場合がありいますので、対策を紹介します。

「ストア」でアプリを購入できないのはなぜ?

まずマイクロソフトストアのアプリは、公開後に非公開となるものもあります。

そうなると、過去のリンクからアクセスしてもアプリが見当たらないということがあります。

 

一時的なものもありますが、「サポートができなくなった」「運営会社が終了した」などのケースもあります。

 

エラーでアプリが購入できない場合、ストアの一時的な障害の可能性はあります。時間をおいて再度試してもダメな場合は、別の原因があるかもしれません。

 

 

「ストア」でアプリを購入できない場合は?

Thinks!

アプリを購入しようとすると、エラーなどで購入できない場合があります。

以下のチェックポイントを確認してみましょう。

 

タイムゾーンを合わせる

タイムゾーンの設定をきちんと合わせたら直ったという場合があります。

 

おそらくストアでは購入した日付などもしっかりチェックしているためにエラーとなる可能性はあるのかもしれません。

 

設定>時刻と言語」にタイムゾーンの設定があります。国内のタイムゾーンを選びましょう。

時刻やタイムゾーンを「自動的に設定する」をチェックしておけば基本的には大丈夫だと思います。

f:id:apicode:20160729100313j:plain

 

 

サインインしなおす

一度サインアウトします。右上にある自分の顔?アイコンを押し、自分のアカウントを選べば、ダイアログが出てきます。

 

使っているアカウントで「サインアウト」を選びます。

f:id:apicode:20151211105937p:plain

再度サインインします。

 

あとはストアで購入を試してみましょう。

 

別アカウントでログインする

購入できない場合の対策として多くの人が指摘するのが、別アカウントでログインして購入という方法です。

 

アカウントの作成などは面倒ですが、なかなか購入できない場合には一度試してみるとよいでしょう。

 

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

利用規約・プライバシーポリシー |〇問い合わせ