アプリの教科書

アプリ・ウィンドウズで困ったことを調べたブログ

ウィンドウズ10やアプリで困ったことを調べたブログです。

スポンサーリンク


【Sway】プレゼンに使うメリットは?デメリットは?

最近はSwayをテストしています。スワイプしやすいことや、カードを作っていくインタフェースも簡単で便利です。

果たして、プロジェクタを使ったプレゼンなどには使えるのでしょうか。

Swayでプレゼンするメリット

Swayでのメリットは以下の通り。

無料である

http://www.flickr.com/photos/119760624@N05/15761889077

photo by Street matt

まずなんといっても利用は無料です。使ってみてよければそのまま使ってもいいですし、やめてももちろんOK。

 

ご利用はこちらから。

sway.com

 

スワイプでのナビゲーションに最適

http://www.flickr.com/photos/44125096@N03/20913889318

photo by truth24times

ナビゲーションの種類は3種類だけどまだ少ないです。

しかし縦へのスワイプ(スワイプとはスマホとかタブレットで指で画面をドラッグするやつです)、横へのスワイプなどに適した再生モードがあります。

タブレットなどからのプレゼンにはちょうどいいです。

 

作りやすい

http://www.flickr.com/photos/37996583874@N01/7868624666

photo by corey.menscher

Swayは新しいツールなので、機能はパワポほどそろっていません。

逆に言えば、編集モード全般でシンプルなので、比較的操作をマスターするのが容易でしょう。

自動保存なので、データの保存なども気にせず利用できるのも評価できるところです。

 

各種ウェブサービスに対応しているhttp://www.flickr.com/photos/25381783@N05/3199438397

photo by francescominciotti

Flickrの写真やYouTube動画などを検索して貼り付けることが簡単にできます。

写真や動画をたくさんいれたプレゼンも作りやすいです。

 

埋め込みにも対応

埋め込みや共有も簡単です。

ということで下に実際に埋め込んでみました。

 

 

Swayのデメリット

プロジェクタはまだ厳しいかも

http://www.flickr.com/photos/70285332@N00/3623652368

photo by ▓▒░ TORLEY ░▒▓

アプリ版のSwayではフルスクリーンで表示、プレゼンできます。

しかしテキスト文字のフォントサイズを変更したりできません。

プロジェクタの解像度によっては文字が見えにくいかもしれず、まだ厳しいかもしれません。

 

オフライン未対応

http://www.flickr.com/photos/45764919@N02/4250313583

photo by Shield Connectors

Swayからファイルに書き出し、ネットにつながってなくても表示可能....とはいかないようです。

 

埋め込み機能はまだまだ

http://www.flickr.com/photos/49503180180@N01/8424565813

photo by cuellar

Flickrの写真やYouTube動画などに対応していますが、まだまだいろんなウェブサービスに対応してほしいところ。

特にインスタグラムにはまだ対応していません。

埋め込み機能ではIFRAMEのみ利用可なため、インスタグラムの埋め込みをコピペしても現状利用できません。

 

タブレットやスマホからのプレゼンには壁も

http://www.flickr.com/photos/46533482@N02/8121770037

photo by Intel in Deutschland

上記のようにスワイプでプレゼンしやすいのがSwayの最大のメリットの一つです。

 

で、タブレットやスマホをプロジェクタにつなぐにはマイクロUSBとHDMIの変換ケーブルを利用します。

 

ところうちのスマホSH04Gからの変換ケーブルは売り切れのため入手できません。

この変換は機種によって動作がシビアとのことなので、他機種の変換ケーブルで動作するかはまだ試していません。

 

せっかくタブレットやスマホがあってもプロジェクタにつなぐ段階にいろいろ問題がありそうなのが厳しいところです。

 

まとめ

Swayではプレゼン用ウェブページを作るにはいいのですが、プロジェクタによるプレゼンにはまだ厳しいかなあと思っています。

 

とはいえ、かっこいいのがすぐ作れますし、今後いろんな面で改善されていくものと思います。

 

期待してバージョンアップを待ちましょう!

 

 

ツイッターやインスタグラムが表示されない場合は?

ツイッターのつぶやきを入れるには

Swayの作業画面で、カードから「ツイート」を選びます。あとはつぶやきを見つけて「追加」するだけなので簡単です。

f:id:apicode:20150923185129p:plain

 

適当なものを入れてみました。

f:id:apicode:20150923185356p:plain

 

ところが「再生」してもつぶやきが出てきません。

f:id:apicode:20150923185358p:plain

 

と思ってたら7秒ぐらいたってやっと出てきました。

f:id:apicode:20150923185359p:plain

 

これはファイアフォックスでやったのですが、クロームだと2秒ぐらいですぐ出てきました。

 

ほかの場所でも同様の結果になるかはわかりませんが、つぶやきを入れたのに出ない!という場合はブラウザを変えて試してみるといいかもしれません。

 

またウィンドウズ10搭載のSWAYアプリでも表示は数秒で早かったです。

 

プレゼンで使用する場合は、どのブラウザで見せるか、あるいはアプリでやったほうが快適か、....などを検討しておくとよさそうです。

 

 

インスタグラムを追加するには?

「ソースの追加」を選ぶと、...

f:id:apicode:20150923191813p:plain

チェックしたものを追加検討するということでした。

ここに「インスタグラム」もありますので、チェックして「送信」。追加される日を待ちましょう。

f:id:apicode:20150923191815p:plain

 

一方、SWAYには埋め込み機能があります。これを使ってインスタグラムを埋め込めないでしょうか。

ところがやってみると「申し訳ありません。現在、iframeベースの埋め込みのみをサポートしています」という赤字のエラーメッセージが。

Swayの埋め込み機能では「iframe」というものを利用しているものに限定されています。

よって、インスタグラムの埋め込み機能を使ったコードを入れると、エラーになります。

f:id:apicode:20150923182038p:plain

 

今度はインスタグラムの外部サイト「websta.me」のウィジェット作成機能を利用してみます。

こちらは「iframe」対応なのですが、「申し訳ありません。セキュリティで保護されて邸内埋め込みは現在サポートしていません。HTTPSソースを含む埋め込みを使用してください。」というエラーになります。

f:id:apicode:20150923182226p:plain

 

現状探してみたところ、対応してそうなサイトはみつかりませんでした。

 

インスタグラムのAPIを利用して「https」「iframe」両方に対応したウィジェットを作るのは難しくないと思われます。

技術力があるところは、それによって対応できることでしょう。

 

ただし現状ではインスタグラムにアップした写真を、アップロード機能を使ってSWAYに取り込むという方法ぐらいしかなさそうです。

 

Swayがよく落ちる場合は?

http://www.flickr.com/photos/24609729@N00/326190558

photo by boxchain

はっきり言ってSwayアプリはうちではよく落ちます。

自動保存があるので、落ちてまた最初からというのはありません。

しかしまたやり直しになるとやる気がそがれるもの。なるべくアプリが落ちないように使っていきましょう。

 

素材を用意してから取り掛かる

Swayと同時にブラウザを複数開いたり、タブをたくさん開いたりしていてメモリがかなり厳しい状況で落ちるようです。

したがって、もしメモリ不足からよく落ちる場合にはなるべく作業を分けておくとよいでしょう。

 

先に必要なサイトURL、テキスト、画像などを準備します。

用意し終わってからSwayを起動して、一気に各要素を追加させます。

 

プレビュー中は動画再生などをしない

動画を再生するとメモリがまたさらに必要になります。

いくら自動保存があるとはいえ、作業途中でのプレビューでは動画再生などはあまりしないほうがよいでしょう。

 

ホーム画面に戻る

メニューで「自分のSway」を選び、ホーム画面に戻ると一度メモリが解放されるようです。

動作がきつくなったらアプリ再起動ではなく、ホーム画面へ戻るとよいでしょう。

 

 

文字サイズを大きくするには?

http://www.flickr.com/photos/31623674@N00/10980736624

photo by Nick Sherman

現状ではまだ変更できないようです。

プロジェクタなどでは読みずらいケースもあるので厳しいです。

ブラウザの場合「コントロールキー+マウスホイール」でブラウザ内の拡大表示をさせることもできますが、うちで試したところすぐ画面サイズは戻ってしまいました。

 

プロジェクタなどの対応を考えた場合には、文字を画像ファイルとして作成するなどの対応が必要になるでしょう。

 

 

タイトル文字を透過するには?

初期状態ではタイトル文字が写真の上にあるときには変な余白が出ます。

f:id:apicode:20151226161255p:plain

 

文字の背景を透過させるにはメニューから「デザイン」を選びます。

下にいろんなデザインパターンが出るので、クリックでいろいろ切り替えてみましょう。すると透過設定の物があります。

f:id:apicode:20151226161428p:plain

 

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

利用規約・プライバシーポリシー |〇問い合わせ