Windows11の教科書

ウィンドウズ11やスマホで困ったことを調べたブログ

【TikTok Effect House】手を使ったエフェクトの作り方[ジェスチャーなど]

Hand Detection=手認識の使い方編です。

手のところに画像などを表示する

簡単に手の位置に画像や3Dを表示することができます。

ヒエラルキーで「AR Tracking>Hand Tracker」を選択。

 

「Hand Tracker」に画像や球などを下にぶら下げます。

データを「Hand Tracker」の上に重ねるようにドラッグすれば、「Hand Tracker」の子供として追加できます。

 

これだけでプレビューでは、ボールが手の位置に自動で表示されます。


手を使ったプログラミング

手の存在を認識

Hand Detectionのノードで手を認識させるイベントを作れます。

 

Hand Detectionノードを追加し「Single hand(片方の手)」「Both hand(両方の手)」か選びます。

認識開始(Begin)と終了(End)の出力で、例えば物体の表示をオンオフさせたりできます。

 

手のジェスチャーを認識

Gesture Detectionでジェスチャーを認識します。

ノードを追加したら、ジェスチャーを選びます。

  • Fist:拳
  • Open palm:てのひらをひらく
  • Victory Pose:Vサイン

など。

こちらも、認識開始(Begin)と終了(End)の出力で、例えば物体の表示をオンオフさせたりできます。

 

 

 

TikTokでエフェクトが作れるEffect Houseの使い方はこちら。

www.kyoukasho.net

 

 

[記事]

Written by @Effect Taro

Tiktok Effect House Creator. Video Effect Creator.

https://www.tiktok.com/@effecttaro

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

利用規約・プライバシーポリシー |〇問い合わせ