Windows11の教科書

ウィンドウズ11やスマホ・アプリで困ったことを調べたブログ

ウィンドウズ10やアプリで困ったことを調べたブログです。

スポンサーリンク


【Unity】30分でとりあえずつくるには?

Unityで、つくりの簡単な手順のメモです。Unityは「簡単な操作性」「豊富なアセット」「PCからスマホまでいろんなデバイスへの対応」などで評価の高いゲーム作成環境です。

Unityを使って作られているゲームは、今では多数存在します。

Unityつくりの準備

Peace and Unity

あらかじめユニティのインストール、アカウントの作成、ライセンスの取得を行います。

小規模開発の場合は無料で利用できます。

 

 

Unityでプロジェクトを作る流れ

プロジェクト作成

f:id:apicode:20210325185907p:plain

 

新規で「3D」を選んでプロジェクトを作ります。

f:id:apicode:20210325185945p:plain

 

で、プロジェクト画面に。

先にEdit>PreferrenceでLanguageを日本語にしておくとよいでしょう。

画面左上部はヒエラルキーとシーン。

ヒエラルキーはデータの階層です。3Dの場合、空間上での物体の関連性は重要となります。シーンは実際にゲーム画面に近い状態で見れるエリアです。

f:id:apicode:20210325190256p:plain

 

下部にはプロジェクトやコンソールがあります。プロジェクトでは、いろんなゲーム用の部品を確認できます。

f:id:apicode:20210325190258p:plain

 

3Dデータの追加

「ゲームオブジェクト>3Dオブジェクト>キューブ」で立方体を追加してみましょう。

f:id:apicode:20210325190538p:plain

 

するとシーン上でもキューブが見れます。矢印をドラッグして位置を移動させることができます。

f:id:apicode:20210325190649p:plain

 

右側のインスペクターでは、選択している物体の情報が出ます。

こちらから数値を入力してサイズを変更したり、色などの情報を変更することができます。

f:id:apicode:20210325190651p:plain

 

ゲームを動かす

今度はゲームを動かします。

上の再生ボタンでゲーム画面で動作します。以降はゲームタブを開くことで、ゲーム画面を確認できます。

f:id:apicode:20210325191000p:plain

 

慣れてきたら

再生:コントロールキー+P

停止:コントロールキー+シフトキー+P

というショートカットキーで行いましょう。

 

 

コンポーネントを追加

キューブを選び、インスペクターの下にある「コンポーネントを追加」を押します。

f:id:apicode:20210325191813p:plain

 

物理>リジッドボディ」を選びます。

f:id:apicode:20210325191815p:plain

 

これでリジッドボディというコンポーネントが追加されました。

これは物理属性を指定するもので、「重力を使用」がチェックされていれば、重力によって落下することになります。

f:id:apicode:20210325192018p:plain

 

これでゲームをプレイすると、下に何もない状態だと箱はどんどん落下していくことになります。

 

スクリプトを追加

ユニティでゲームを制御するのはスクリプトの役割が大きいです。ユニティではC#で記述できますので、とっつきやすいほうだと思います。

 

まずプロジェクトのScenesのところに「作成>C#スクリプト」でスクリプトファイルを作ります。
f:id:apicode:20210325194856p:plain

 

ダブルクリックすると、Unityではなくテキストエディターが開きます。

f:id:apicode:20210325194922p:plain

 

今回はStartのところに「Debug.Log ("Hello World");」を追加します。

Startは開始時に実行されることを意味し、Debug.logのところでコンソールへ出力させるという命令になります。

 

using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;

public class NewBehaviourScript : MonoBehaviour
{
// Start is called before the first frame update
void Start()
{
Debug.Log ("Hello World");
}

// Update is called once per frame
void Update()
{

}
}

 

このスクリプトを先ほど作ったキューブへドラッグアンドドロップして追加します。

f:id:apicode:20210325195147p:plain

 

これでゲームを実行します。

コンソールのところに「Hello World」という文字が出ているのを確認できればOKです。

f:id:apicode:20210325194803p:plain

 

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

利用規約・プライバシーポリシー |〇問い合わせ