Windows11の教科書

ウィンドウズ11やスマホで困ったことを調べたブログ

【Unity】文字の使い方 文字リソースのロード・表示

Unityで文字の表示、文字リソースのロードや処理のまとめです。

文字データの表示

テキストの配置

ゲームオブジェクトからTextMeshProをインサート。

 

ない場合Importerが出るので「Import TMP Essentials」をインポートします。

 

配置すると大きすぎるので、位置やサイズを調節。

 

インスペクタから文字を変更・リサイズできます。

 

スクリプトでテキスト変更

「using TMPro;」を宣言してから利用します。

「SetText」関数でテキストをセットします。

 

using TMPro;

public class scrTXT : MonoBehaviour
{     
    void Update()
    {
        TextMeshProUGUI tmp; 
        if (Input.GetMouseButtonDown(0)){
            tmp= GetComponent<TextMeshProUGUI>();
            tmp.SetText("ok");
        }     
     }
}

 

 

文字データの処理

データの読み込み

テキストファイルをアセットの「Resources」へ入れます。

 

TextAsset型として「 Resources.Load 」関数でデータを取得できます。

スクリプトでコンソールへ出して確認します。

 void Start()
    {
        var TextAsset  = Resources.Load ("data") as TextAsset;
        Debug.Log (TextAsset .text);
    }

 

データの後処理

取得したテキストは、Split関数で区切られた配列に変換することができます。

 string[] lines = TextAsset .text.Split(',');

 

 

 

 

本ブログのUnity関連記事一覧はこちら。

www.kyoukasho.net

 

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

利用規約・プライバシーポリシー |〇問い合わせ