Windows11の教科書

ウィンドウズ11やスマホで困ったことを調べたブログ

ウィンドウズ11やアプリで困ったことを調べたブログ

スポンサーリンク


【Windows10】ディスクチェックのやり方は?おすすめソフトは?

SSDでもハードディスクでも、ストレージに原因があってPCが不調となるケースは多々あります。

ウィンドウズ10の場合、ディスクチェックが利用できますし、他にも無料のチェックソフトを使ってディスクの状態を調べることができます。

ハードディスクやSSDがよく落ちる?

ハードディスクにしろ、SSDにしろ調子が悪くなるとウィンドウズ10がよく落ちるなどの症状も起きやすくなります。

 

そんなときにはまずディスクチェックツールを使って原因を調べるのが手っ取り早いです。

 

 

ウィンドウズのディスクチェックを使う

ウィンドウズ標準のディスクチェックのやり方です。

 

ディスクチェックを実行するには?

コマンドラインを管理者で実行します。

次に「chkdsk /F」と入力します。

f:id:apicode:20160312093444p:plain

すると再起動後でないと使えないけどいい?と聞いてきます。

Yを入れてリターンを入力。

f:id:apicode:20160312093508p:plain

 

これでパソコンを再起動後、ディスクチェックが開始されます。

 

するとこんな感じ。

www.instagram.com

 

あとはほぼ自動なので、しばらくほっておけばOKです。

 

パラメーターは?

パラメータを付けてchkdskすることで、より細かく制御することができます。

 

  • /F 自動修復する
  • /v 処理中のファイル名を表示する
  • /r 不良セクタを修復

 

NTFSの場合:

  • /t マウントを解除
  • /i インデックスをスキップ
  • /c 循環参照をスキップ

 

ディスクチェックが終わらない場合は?

長時間かけてまだ終わらないという場合は、やむを得ないので電源ボタン長押しでリセットするしかなさそうです。

 

ディスクチェックで1日以上かかっている場合もあるようですが、その場合は何等か不具合で止まっている可能性が高いと思います。

ファイルかディスクの異常である可能性があると思います。

 

対策としては、再度ディスクチェックをかけるときには「自動修復」をオフにします。コマンドラインでは「/F」をはずします。つまり「chkdsk」だけにします。

(逆にオフにして止まる場合はオンにしてみます)

 

ディスクチェックソフトには、下記のようなものもあるので別のソフトのほうで確認してみるのもよいでしょう。

 

 

 

無料ソフトのCheckdiskを使う

名前が紛らわしいですがフリーソフトの「checkdisk」というのがあります。

非常に便利ですし、ウィンドウズ標準のディスクチェックよりも便利な機能があります。

 

ダウンロードするには?

Checkdiskの紹介記事がネットにはありますが、たいていリンクされているファイルの置かれているページが変更になっているので注意が必要です。

 

現在、ファイルはグーグルドライブにあります。

まずは下記ページへアクセス。

https://drive.google.com/folderview?id=0B19LLjk2RMjfWUJvd3NJSjYzbEk&usp=sharing

 

ファイルがたくさんありますが、とりあえず「checkdisk.zip」を選びます。

f:id:apicode:20160312085732p:plain

 

するとこんな感じに。上の方にダウンロードボタンがあるのでクリックし、ファイルを保存します。

f:id:apicode:20160312085734p:plain

 

使い方は?

管理者として起動しましょう。

 

左上からチェックするドライブをクリックで選択。

左下の「ドライブのチェック」をクリックして調査開始。

f:id:apicode:20160312090141p:plain

 

試したところ、エラーは見つかったのですが「読み取り専用のため修復できない」となりました。

おそらく起動ボリュームで使ったからではないかと予想しますが、うちではディスクを分けてないのでちょっと試せません。すいません。

 

エラーを修正するには?

「エラー訂正」をチェックしてから「ドライブのチェック」をクリックします。

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

利用規約・プライバシーポリシー |〇問い合わせ