Windows11の教科書

ウィンドウズ11やスマホ・アプリで困ったことを調べたブログ

ウィンドウズ10やアプリで困ったことを調べたブログです。

スポンサーリンク


【Windows 10/11】英語キーボードで日本語入力の切り替えストレスが減る設定方法

ライフハッカーを見ていると、ウィンドウズ10で日本語切り替えを簡単にする方法がありました。これは便利なのですがうちは英語キーボードのため、多少アレンジが必要です。

英語キーボードで日本語入力の切り替えストレスが減る設定方法

ライフハッカーに「日本語入力の切り替えストレスが減る設定方法」という記事が出ていました。

Windows10で日本語入力の切り替えストレスが減る設定方法 | ライフハッカー[日本版] (lifehacker.jp)

 

簡単に言うと「設定>時刻と言語>言語と地域>Microsoft IME>キーとタッチのカスタマイズ」で、好みの割り当て機能をオンにします。そして「無変換」キーや「変換」キーをIMEのオンオフにするというもの。

f:id:apicode:20210712205246p:plain

 

これは変換、無変換がキーボードの下のほうにある場合には便利です。

 

ただしうちみたいに英語キーボードだと、変換ボタンは手元にないのでこのままではだめです。

写真のようにウィンドウズキーやAltキーしかありません。

f:id:apicode:20210712205523p:plain

 

ただし設定には、コントロール+スペースシフトキー+スペースでIMEのオンオフをさせる箇所があります。

f:id:apicode:20210712205608p:plain

 

この設定をしておけば、変換キー、無変換キーがなくてもオンオフがしやすいです。

 

そもそもチルダキーでの変換は押しにくく、ESCやTABキーを押してしまうことも多かったので、それが解消できるのもいいです。

f:id:apicode:20210712205648p:plain

 

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

利用規約・プライバシーポリシー |〇問い合わせ