Windows11の教科書

ウィンドウズ11やスマホで困ったことを調べたブログ

【Windows 11】SFC(システムファイルチェッカー)の使い方

システムが落ちやすい、安定しないといった場合に使うツールがSFCです。

SFC(システムファイルチェッカー)とは?

Checkered flag

ウィンドウズが落ちやすくなった、よくフリーズする...といった場合によく使うチェックツールがSFCです。

 

これはウィンドウズのシステムファイルには損がないかチェックしてくれます。

 

クリーンインストールすると時間も手間もかかります。できればSFCでシステムが復旧・安定してくれれば一番いいのではと思います。

 

SFC(システムファイルチェッカー)の使い方

ウィンドウズ11では、「ウィンドウズキー+X」を押しメニューから「Windows Termnail(管理者)」を起動します。

f:id:apicode:20211226110935p:plain

 

スキャンして不具合があれば修復するには

sfc /scannow

を実行します。

終わるまでしばし待ちましょう。

f:id:apicode:20211226111032p:plain

 

問題なければ、整合性違反を検出しないとなります。

f:id:apicode:20211226111635p:plain

 

 

修復する必要があるかどうかだけチェックしたい場合は

sfc /verifyonly

を使います。

 

ファイルやディレクトリを直接指定することもできますが、大変なので通常は特に使わなくても大丈夫だと思います。

sfc | Microsoft Docs

 

 

DISM

類似のチェックツールに「DISM」があります。

こちらはシステムファイルイメージ自体をチェックするというものです。

システムファイルイメージを書き出す場合にも利用できます。

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

利用規約・プライバシーポリシー |〇問い合わせ