Windows11の教科書

ウィンドウズ11やスマホ・アプリで困ったことを調べたブログ

ウィンドウズ10やアプリで困ったことを調べたブログです。

スポンサーリンク


【Windows 11】スタート画面・設定画面の使い方

Windows 11では、スタート画面や設定画面の使い方が若干変わります。

Windows 11のスタート画面の使い方

Windows 11では、タスクバー中央部にスタートボタンが移動したのが印象的です。

ほかにも、スタート画面の使い方が若干変わります。

 

タスクバー上の位置調整

タスクバー上のアイコンの位置が中央になりましたが、設定で「個人用設定>タスクバー>Taskbar Behaviors」で「Taskbar alignment」を「中央揃え」から「左揃え」に変更します。

f:id:apicode:20210630160454p:plain

 

するとタスクバー上のアイコンが左へ移動します。

f:id:apicode:20210630160458p:plain

 

スタート画面 

スタート画面のピン止めのインタフェースが変化。

以前のようにブロックの中に複数のアイコンを含むことは、現在のバージョンでは確認できませんでした。

f:id:apicode:20210629175821p:plain

 

一覧するには?

一覧する場合は右上のすべてのアプリを実行。

f:id:apicode:20210629180021p:plain

 

これで全アプリが出るようになりました。

f:id:apicode:20210629180023p:plain

 

 

ピン止めアイコンの位置をカスタマイズするには?

アイコンをドラッグすれば位置を変更できます。

f:id:apicode:20210705201132p:plain

 

するとこの通り位置を変更できました。

f:id:apicode:20210705201138p:plain

 

 

Windows 11の設定画面の使い方

設定画面は「設定」アイコンから開きます。

f:id:apicode:20210629184741p:plain

 

また以前は、設定はホーム画面があってそこから各項目に移動しました。

ウィン11では、大項目はすでに左側にあるのでそこから選んですぐ切り替えることができます。

f:id:apicode:20210629184620p:plain

 

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

利用規約・プライバシーポリシー |〇問い合わせ