Windows11の教科書

ウィンドウズ11やスマホで困ったことを調べたブログ

ウィンドウズ10やアプリで困ったことを調べたブログです。

スポンサーリンク


【Windows 11】ウィンドウズアップデートの仕方 できない場合は?

ウィンドウズアップデートの仕方のまとめです。

ウィンドウズアップデートの仕方 

通常は自動で行われます。

明示的にやるには「更新プログラムのチェック」を実行します。

f:id:apicode:20210909131445p:plain

 

ウィンドウズアップデートでの変更によって、エクセルや印刷、動画再生などいろんなところで不具合が起きる可能性があります。

特に重要な仕事中にアップデートが実施されるのはさけたいところ。

 

そんな場合はオプションで「更新の一時停止」を設定。

f:id:apicode:20210909131605p:plain

 

また詳細で「最新の状態にしてください」はオフであることを確認しましょう。

アクティブ時間ではアップデート適用による再起動が起きないように時間帯を設定できます。

f:id:apicode:20210909131659p:plain

 

 

ウィンドウズアップデートの不具合

できない場合は?

コントロールパネルを開くとトラブルシューティングがあります。

f:id:apicode:20210909124544p:plain

 

実行するとUpdateに支障をきたしている原因がわかるかもしれません。

f:id:apicode:20210909124547p:plain

 

特定できない場合もあります。

f:id:apicode:20210909124550p:plain

 

また管理者としてコマンド プロンプトを開きます。

以下コマンドを入れるとDISM は Windows Update を使用して破損の修復に必要なファイルを提供します。 

DISM.exe /Online /Cleanup-image /Restorehealth

f:id:apicode:20210909131036p:plain

 

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

利用規約・プライバシーポリシー |〇問い合わせ