Windows11の教科書

ウィンドウズ11やスマホ・アプリで困ったことを調べたブログ

ウィンドウズ10やアプリで困ったことを調べたブログです。

スポンサーリンク


【Windows 10】マイクロソフト・フォント・メーカーのレビュー

今の時期になぜ?といった気もしないでもないですが、マイクロソフトからフォント作成アプリ「フォント・メーカー」が公開されています。

マイクロソフト・フォント・メーカーとは?

sneaky tiki font

マイクロソフトはフォント作成ソフトは今まで出してこなかったと思うのですが、フォントメーカーなるフォント作成ソフトを公開しています。

 

フォントとは字体のことで、明朝やゴシックなどが代表的なものです。

 

フォントメーカーを使えば、自分の手書き文字がフォント化されて利用できるようになります。

 

なぜ今頃フォントメーカーソフトなのか?という気もしないでもないです。

 

ひょっとすると裏でAIが動いていて、手書き文字のビッグデータを取得するため...ということなのかもしれません。

 

 

利用するには? 

UWPなのでウィンドウズ10が動作対象となります。

 

以下ストアより無料でダウンロードできます。

Microsoft Font Maker を入手 - Microsoft Store ja-JP

f:id:apicode:20180717094225p:plain

 

マイクロソフト・フォント・メーカーの使い方

起動するとこんな感じ。

 

アルファベットや数字、記号を描きます。

日本語は入ってないので、英数字のみのフォントになると思われます。

f:id:apicode:20180717094238p:plain

 

続いて文章を入力します。

  • Throw caution to the wind.
  • We'll cross that bridge later
  • Comparing apples to oranges

f:id:apicode:20180717094241p:plain

 

最後に文字の間隔などを微調整します。

f:id:apicode:20180717094721j:plain

 

これでフォントを保存し、フォントに追加すると利用できるようになるようです。

 

残念ながらそもそも文字入力するところができなかったのでうちでは試せませんでした。

 

また使い方がわかりましたら更新したいと思います。

 

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

利用規約・プライバシーポリシー |〇問い合わせ