アプリの教科書

アプリ・ウィンドウズで困ったことを調べたブログ

ウィンドウズ10やアプリで困ったことを調べたブログです。

スポンサーリンク


【ワード】PDFにエクスポートで「問題が発生しました」?(解決済み)

PDFにエクスポートできない場合の対処です。

PDFにエクスポートできない場合は?

The Thinker

ワードのエクスポートでPDFを作ろうとしたら「問題が発生しました」としてエラーになりました。

f:id:apicode:20210321204336p:plain

 

また、この後につづけて「ディスクの空き容量またはメモリが不足しています。指定されたフォントを表示できません。」と出ることもありました。

f:id:apicode:20210323133228p:plain

 

どうしてもできない場合は以下のような対策が考えられます。

 

設定を変更する

ワードのPDFエクスポートでは標準と最小とあるので、違うほうを試す手があります。

f:id:apicode:20210321205534p:plain

 

これでもダメならオプション設定を見直しましょう。

うちでは「PDF/A」準拠をチェックするなどしたら、無事出力できるようになりました。「PDF/A」というのは国際標準規格(ISO19005)対応で、暗号化や電子署名には対応しないなどの制限がかかりますが、これに対応することで問題が起きていた箇所がスルー出来ていた可能性はあるのかなと思います。

f:id:apicode:20210321205953p:plain

 

フォントを変更する

PDFにはフォント埋め込みなどの機能があり、そこでエラーになっている可能性があります。

フォントにあまりこらず、「游ゴシック」のような定番のフォントだけに変更すると、エラーのリスクを減らせるかもしれません。

 

ページ数を減らす

原本を複製したファイルでページ数を減らしてから出力すると、無事PDFに書き出しできる場合もあります。

 

場合によってはファイルを小分けすればPDF化できるかもしれません。

 

 

ワードからPDFにするその他の方法

問題がどうしても治らない場合は、ほかの方法でのPDF化を検討してみましょう。

 

Microsoft Prit to PDFを使う

ウィンドウズ10では、印刷のプリンター設定で「Microsoft Prit to PDF」というのがあります。

これをプリンタに指定すると、紙に印刷ではなくPDFファイルへ出力を行います。

これはワード標準のエクスポートとはまたエンジンが異なるため、PDFへ書き出しができる可能性があります。

f:id:apicode:20210321172731p:plain

 

Soda PDFアドインで出力する

アドインを使えばPDFに変換できます。

アドインで「Soda PDF」を追加しておきます。

後は実行すればPDFファイルにしてくれます。

f:id:apicode:20210321204339p:plain

 

うちでは無事出力できました。ただしオンライン変換で、完成ファイルをネットからダウンロードする形式なので、セキュリティ的には内容を選ぶかなと思います。

 

Adobe Document Cloudで出力する

Adobeのアドイン。

ただし「Adobe Acrobat Pro DC」ユーザ用のようです。

f:id:apicode:20210321205103p:plain

 

 

LibreOfficeから出力する

LibreOfficeは、無料のオフィス互換スィートです。

ワードで作った文書を直接開き、PDFとしてエクスポートすることができます。

 

互換といっても100%完全ではないので、例えば「ワードで指定した罫線がきちんと反映されない」「レイアウトが崩れる」ということがないわけではありません。

ただ、あまりデザインしていないシンプルな文書であれば、こちらからPDFファイルの出力が成功するかもしれません。

 

実際、うちではエラーが出る文書はこの方法で対処したこともあります。

 

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

利用規約・プライバシーポリシー |〇問い合わせ