Windows11の教科書

ウィンドウズ11やスマホ・アプリで困ったことを調べたブログ

ウィンドウズ10やアプリで困ったことを調べたブログです。

スポンサーリンク


【WPSオフィス】Spreadsheetで見積書・請求書・カレンダーを作るには?

WPSオフィスは、マイクロソフトストアからダウンロードできる無料版があります。が、このバージョンでは英語メニューで、表示されるテンプレートも英語のものです。

ここではスプレッドシートで見積書を作る簡単な方法について紹介します。

請求書・見積書を作る

見積書

WPSオフィスのスプレッドシートはエクセル用に作られたファイルを読み込むことができます。

 

例えばこちらのサイトで無料配布されている見積書テンプレートをダウンロードしてみます。

エクセルで開くとこんな感じ。

f:id:apicode:20200712192907p:plain

 

このファイルをWPSスプレッドシートから開くとこんな感じ。
文字化けやレイアウト崩れもありません。

f:id:apicode:20200712192909p:plain

 

請求書

請求書の場合もまずはエクセル用の無料テンプレートを入手します。

 

エクセルで開くとこんな感じ。

https://template.the-board.jp/invoice_templates/article/invoice_template_001

f:id:apicode:20200712193159p:plain

 

同じファイルをWPSオフィスで開くとこんな感じ。日本語の文字化けやレイアウト崩れもないので、このまま編集して使うことができます。

f:id:apicode:20200712193200p:plain

 

 

カレンダーを作る

カレンダーを作る場合も、一から作ってもいいのですが、エクセル用の無料テンプレートがたくさんあるのでそれを活用したほうが早いです。

 

まずは無料サイトから入手。

エクセルで開くとこんな感じ。

https://frame-illust.com/?p=13574

f:id:apicode:20200712193815p:plain

 

WPSオフィスから開いても文字化けやレイアウト崩れはありません。

あとは好きなように修正して印刷等してみましょう。

f:id:apicode:20200712193817p:plain

 

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

利用規約・プライバシーポリシー |〇問い合わせ