Windows11の教科書.net

ウィンドウズ11やスマホで困ったことを調べたブログ

ウィンドウズ11やアプリで困ったことを調べたブログ

スポンサーリンク


【WPSスプレッドシート】ファイルが開けない?

WPSスプレッドシートで、ファイルが開けない場合の対応です。

ファイルが開けない?

ファイル形式を指定して開く

File

エクセルやCSVファイルでデータがある場合は「Menu>Open」でファイルを選んで開くことができます。

その際、下のプルダウンからファイル種類を選んでおきましょう。

f:id:apicode:20191123094412p:plain

 

 

エクセルをCSVにしてから読み込む

Numbers

エクセルファイルとの互換性はあり、エクセル拡張子「XLSX」のファイルを指定して開くことができます。

 

試しにエクセルのファイルを読み込んでみたら、無事読めました。

 

和暦表示もそのまま無事反映されていました。(ただし3D表示など、特殊な機能を使ったものなどは正しく出ない可能性はあります)

f:id:apicode:20190425093450p:plain

 

ただし、100%完全とはいかないので、開けない場合は開いても正しく再現されない場合もあります。

もし開けない場合は、一度CSVファイルへ書き出してから読み込ます...などの工夫が必要でしょう。

 

 

文字コードを変換してから開く

stencil alphabet

テキストがEUC形式などになっていると、開いて文字化けになります。

 

うまくいかない場合はLibreOfficeのような無料で文字コードへの対応もちゃんとしているソフトを試してみたほうがいいかもしれません。

【Windows 10】リブレオフィスの使い方 ファイルが開かない場合は? - 困ったー

 

 

保存できない場合は?

f:id:apicode:20200209124155p:plain

エクセルの形式(XLS、XLSXk、XLSM、XLT)などに保存できるようになっています。

 

しかし保存がうまくいかない場合は、wpsスプレッドシートの基本的な保存形式である(ET)を選ぶと保存できるかもしれません。

 

 

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

利用規約・プライバシーポリシー |〇問い合わせ