クリエイターの教科書

ChatGPT, Stable Diffusion、Python, Visual Studio、Excelなどいろんな教科書

【Copilot】アウトルックでコパイロットアイコンはどこ?プロンプトの使い方は?[作成・要約]

オフィスでもコパイロットが使えるコパイロットプロにしてみました。

ここではアウトルックでの利用について紹介していきます。

アウトルックでコパイロットアイコンがない?

Desktop - Outlook

コパイロットプロに申し込むと、オフィス内からコパイロットが使えるようになります。申し込み方はこちら。

www.kyoukasho.net

 

PCアプリ版

ウィンドウズアプリでは新規メールを実行すると、コパイロットアイコンがお目見え。

ただしまだグレーで利用可能になっていないのでこれから可能になるのかもしれません。

 

ただ受け取ったメールでは「Copilotによる要約」が利用できます。

 

実行するとこの通り。

 

 


オンライン版

アウトルックのオンライン版も同様。アイコンがアクティブになっていません。

 

まだ試せていませんが、おそらくここからメールの作成支援機能などが使えるのではないかと思います。

 

要約機能には対応しています。

 

iOSアプリ版

メール作成を選ぶと、メニューの一番左側にコパイロットアイコンが出てきます。

 

 

アウトルックでコパイロットを使うには?

作成支援

スマホアプリで作成をするときにコパイロットボタンを押します。

 

「下書き」を選び「忘年会の案内」などを指定して作成します。

 

・以下の内容でメールを書く: 〇〇〇

・〇〇〇さんへ、コロナのお見舞いを書く

・面談欠席についてお詫びメールを書く

・このメールへの返信を書く

 

 

リライト

リライト機能です。

こちらもメール作成時に使います。

 

文字数が少なすぎるとリライトはできません。文字量のボリュームがあるときに使ってみましょう。

 

要約

PCアプリ版ではメールごとに「Copilotによる要約」ボタンがあります。

実行すると要約が表示されます。

 

ただし要約完了までは6,7秒ぐらい?かかりますので、文字量によってはそれなら読み切った方がいいのかもしれません。

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

プライバシーポリシー |〇利用規約 |〇問い合わせ