アプリの教科書

アプリ・ウィンドウズで困ったことを調べたブログ

ウィンドウズ10やアプリで困ったことを調べたブログです。

スポンサーリンク


【Visual Studio】C#でプルダウンの使い方

Visual StudioのC#でプルダウンを使う場合のやり方について紹介します。ComboBoxという名前の部品を使えば、プルダウンを簡単に実現できます。

プルダウンメニューを追加するには?

Pulldown Stairs to Rim
Pulldown Stairs to Rim / taberandrew

 

プルダウンメニューは、押したときに選択肢の一覧が出てきてその中か選ぶという場合に使います。

 

よく見るものとしては「都道府県」や「職業」を選ばせる場合などがあります。

 

コンボボックス(ComboBox)を使えばプルダウンメニューのようなインタフェースを使えます。

 

ツールボックスからコンボボックス(ComboBox)を選んでフォームに追加します。

f:id:apicode:20210423133135p:plain

 

 

 

プルダウンのプロパティ

項目を追加

メニューの内容はItemsプロパティから挿入できます。

f:id:apicode:20210423132829p:plain

 

入力画面が開いたら、項目を改行しながら入れるだけです。

f:id:apicode:20210423133222p:plain

 

リストの形式

初期設定ではそのままでは文字入力も可能な状態です。

 

リスト選択をさせるだけなら「DropDownStyle」プロパティを「DropDownList」にしておきましょう。

 

 

 

プルダウンのプログラミング

選択肢を追加する

選択肢を追加するには「Items.Add」を使って書いていけばらくちんです。

comboBox1.Items.Add("Tokyo");
comboBox1.Items.Add("Osaka");

 

 

 

選択された情報の取得

選択されたアイテムを取得するには「comboBox1.SelectedItem」を使います。

 

順番のほうを取得するには「comboBox1.SelectedIndex」を使います。「comboBox1.SelectedIndex」の場合、選択されていなければ「-1」が、1つめが選択されれば「0」を、2つ目が選択されたら「1」を返します。

 

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

利用規約・プライバシーポリシー |〇問い合わせ