クリエイターの教科書

ChatGPT, Stable Diffusion、Python, Visual Studio、Excelなどいろんな教科書

【Pythonの教科書】初心者Numpyの使い方、エラー対策

PythonでNumpyの使い方。よく使われるのでGoogle Colabなどで一度確認しておくとよいでしょう。

Numpyとは?呼び方は?



Numpyは配列などを扱うライブラリです。

型指定ができ、より高速・柔軟に配列を使えます。

 

海外の動画を見たりしていると「ナンパイ」と呼んでいるようです。

 

ちなみにうちはずっと「ナンピー」だと思ってましたが何か?

 

 

Numpyの使い方

セットアップ

利用するには

import numpy as np

をあらかじめ指定します。

 

配列作成

配列を指定します。

 

・1次配列

x = np.array([1,2,3])

 

・多次元配列

x = np.array([[ 0, 1, 2], [ 3, 4, 5]])

 

・「zeros」ですべて0が続く配列を、「ones」で1が続く配列を作ります。

x=np.ones(2)
x

出力は「array([1., 1.])」

 

 

・「arrange」で簡単に連番の数列を生成

x=np.arange(1, 15)

x

結果は「array([ 1,  2,  3,  4,  5,  6,  7,  8,  9, 10, 11, 12, 13, 14])」

 

 

配列の次元を変更

・「reshape」で配列の次元を変更できます。

「reshape(2, 5)」で以下のような出力となります。

a = np.array([1,2,3,4,5,6,7,8,9,10])

b = a.reshape(2, 5)
b

出力は「array([[ 1,  2,  3,  4,  5],  [ 6,  7,  8,  9, 10]])」

 

 

情報を取得

・「dtype」で型を取得します

x = np.array([1,2,3])

x.dtype

結果は「dtype('int64')」。

 

・「ndim」で配列の次元数を取得。

x = np.array([[ 0, 1, 2], [ 3, 4, 5]])

x.ndim

結果は「2」。

 

 

配列の値

・変数に配列を入れたら、あとは通常の「[]」で取得できます。

x = np.array([1,2,3])

x[2]

結果は「3」。

 

・数字とコロンで特定の範囲を切り出すことができます。

x = np.array([1,2,3])

x[1:]

結果は「array([2, 3])」

 

 

計算

そのまま掛け算してもいいです。

x = np.array([1,2,3])

x = x*2

x[1]

結果は「4」

 

ファイル操作

・ファイルのロードは「loadtxt」で実行。

a = np.loadtxt('sample.txt')

 

・ファイルの保存は「savetxt」で実行。

b = np.asarray([[1,2,3], [4,5,6]])
np.savetxt("sample.txt", b)

 

 

Numpyのエラー

module 'numpy' has no attribute 'array'?

numpyにarrayがない?とするエラー。

不思議だったんですが、テスト用に作成したファイル名をなんとなく「numpy.py」にしたためだったようです。file名を変更すれば大丈夫でした。

 

 

ValueError?

reshapeで次元を変更する場合、元の配列と要素数が一致する形状でない場合にはValueErrorが発生します。

 

 

バージョン?

インストールできない、他のパッケージとの相性が悪い、という場合にはバージョンが関係しているかもしれません。

 

その場合一度アンインストールし、バージョン名を指定してからインストールしなおしてみましょう。

pip uninstall numpy
python -m pip install numpy==(バージョン名)

 

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

プライバシーポリシー |〇利用規約 |〇問い合わせ