AIクリエイターの教科書

ChatGPT, Stable Diffusion, Visual Studio, Excelなど教科書

【Pythonの教科書】初心者Matplotlibの使い方、エラー対策

Matplotlibはグラフを描くライブラリで、可視化しながら作業をしやすくなります。

Numpyの使い方



Matplotlibはグラフ化の扱うライブラリです。

 

インストール

インストールするには

pip install matplotlib

 

セットアップ

利用を開始するには

import matplotlib.pyplot as plt

 

グラフ化

・配列を渡すだけで、シンプルなグラフを作成。

データを「plot」して「show」で出力します。

plt.plot([1, 2, 3])
plt.show() 



 

・Numpyの配列を渡してグラフを作成。

タイトルやラベルを付けることもできます

import numpy as np
x=np.array([1,2,3,4])
plt.plot(x,x)
plt.title('simple graph') 
plt.xlabel('count')                
plt.ylabel('win')  
plt.show() #図を出力する



 

 

ファイル操作

「savefig」でファイルに出力できます。

plt.plot([1, 2, 3])
plt.savefig('tempgraph.png')

 

Google Colabを使った場合でもドライブにファイルが作成されていました。

 

 

 

Matplotlibのエラー

'matplotlib' is not a package?

自作のPythonファイル名に「matplotlib.py」のようにつけてしまうと、そちらが参照されてしまいます。

自作して実行するファイル名は別の名前を付けましょう。

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負わないものとします. あらかじめご了承ください。

プライバシーポリシー |〇利用規約 |〇問い合わせ